2011/06/26

地デジも録画番組も、どこでも楽しめる♪スリングボックス

ネットを使って音声や映像を情報端末で見るという話はよく聞きますが、これまでの方法は、メーカ独自の色彩が強く、機能させるためには、AV機器を同一メーカで揃えた方がベターという、汎用性に乏しいものが多かったと思います。

そんな中で、ネットで見かけたのがスリングボックス 。これは、AV機器とインターネットの仲介をするハードウェア。AV機器メーカーの独自仕様に依存せずに、AV機器への司令塔およびメディアの流れの制御をやってくれます。

なんでこんなことが可能かというと、シンプルな仕組みだから。AV機器制御はIR、メディア情報はアナログ取りこみというわかりやすさ、これなら誰でもとっつきやすい。

というわけで、スリングボックス 、なかなか面白いマシンかもしれません。

ちなみに、私は録画付きテレビに買えてから、沢山録画するようになりまして、マジ見る時間が不足してます。

最近ハマっているジャンルはアニメで、スラムダンク、デッドマンワンダーランド、青のエクソシスト、ブリーチ、NARUTOあたりのビデオデータが、ハードディスクに沢山溜まってます。これらビデオが外出時の移動や待ち時間あたりで見れれば、合理的。

うーーむ。スリングボックス、横文字で書くとsling box、ちょっと欲しくなりました。

Image_01_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/08

World IPv6 Day 今のところフツーです。何もなし。

World IPv6 Dayということで、朝からはりきって、いつもより台数増やして様子見してます。先ほど、ログもざっと見ましたが、いつもと特に変わらずフツーの状態が続いてます。

この調子でなーんも無しで過ぎしてしまうのがベストでしょうが、不具合何もなしというのも、なんだか怪しさ感じますねえ。

まあ、World IPv6 Dayは始まったばかり、あと22時間以上ありますから、もちょっとマシン増やしたままで、見守りたいと思います。

▼▽安心しておすすめ!ファーストサーバ▽▼
★ 初心者でも安心なレンタルサーバー LOLIPOP!月額105円~で容量最大10GB ☆

★世界NO.1のウイルス検出率 99.9%「G Data」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/07

明日からWorld IPv6 Day、実際のところどうなる?

IPv6の世界的テストというか検証が行われるWorld IPv6 Dayが、明日の9時から明後日の9時まで行われるようです。

フレッツ使っていると影響受けるとかIT関連ニュースで見かけましたが、ネットでちょっと調べた限りでは、ネット接続にIPv4とIPv6を併用している機器で問題生じるらしいことがわかりました。

そして、問題の具体的現象は、WEBページが表示されない、あるいは表示に時間がかかるというもの。

うーーむ。表示されないなら明確ですが、時間がかかるとなると、問題の切り分けは難しそうです。

ちなみに我が家の有線ネットは光プレミアム、まさにその対象なんですねえ。問題が生じる可能性あるわけです。おそらく明日には、ちょっとハラハラ気分になるんでしょう。

ある意味、明日からのWorld IPv6 Dayがちょっと楽しみです。

とりあえず、フレッツのIPv6がらみで通信できない時のために、3GとWiMAXを使えるようにスタンバイしときます。

まあ、トラブルなら短時間で復旧するようにしてほしいもんです。

▼▽安心しておすすめ!ファーストサーバ▽▼
★ 初心者でも安心なレンタルサーバー LOLIPOP!月額105円~で容量最大10GB ☆

★世界NO.1のウイルス検出率 99.9%「G Data」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/18

インテル製SSDを使ってPCを快適にしよう!

PCのストレージといえばハードディスクを思い浮かべますが、ここに来てフラッシュメモリーによるストレージが使われるようになってきました。なんでディスクよりメモリーかというと、まあ駆動部が無いから壊れにくいとか、アクセスが速いとかいろいろありますが、私的に最も注目するのが省電力に優れていること。

PC使ってて一番困るのがバッテリー切れによる作業中断。メモリーストレージのデメリットである価格の問題も、ことバッテリのもちを考えると十分ペイする価格にまでこなれてきたと思います。

そういうわけで今後モバイルで使うPCはメモリーストレージ、いわゆるSSD(Solid State Disk)が主流になっていくのは間違いない。ただ、このSSD、単にデータを保持する性能だけのストレージじゃ役不足。OSを入れるストレージは頻繁にアクセスされ、メモリーといえど相当酷使されるわけです。

そういう意味で重要なのはハード(メモリー)だけじゃなく、それを制御するソフトウェア。というわけでお薦めしたいのがインテルSSD X25-M G2。

まあインテルといえば世界一の半導体メーカ。CPUを始め様々なLSIを扱ってるわけです。フラッシュメモリーも記憶用というよりは、OSのドライブ用としての開発を長年やってきたメーカなんで、インテルSSDなら間違いないといえるでしょう。

ちなみに、インテルSSD 紹介動画を見ることができます。 たとえば第1話三石琴乃さん編では、遅くなったPCのハードディスクをコピー、交換するまでの一連の手順が紹介されています。見ればわかりますが、全て初心者でも出来る作業内容で簡単にできることがわかります。そして交換により迅速なPC起動、および写真編集のレスポンス向上ができています。

なお、インテルSSD 紹介動画は他にもあり、今後も追加されるようです。興味がある方はここから行けますのでご覧ください。

第1話三石琴乃

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ 以上はレビューブログからの紹介です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/13

どこでもWi-Fi使用開始

WillcomNS用として手に入れたW-SIMが、NSの使いにくさのためアドエスに移ったものの、HT-03Aを使い始めた感覚では、そのアドエスのもさっとした処理の遅さに次第に耐えられなくなり、アドエスにWiFiSnapをインストールしてVAIO-Pのモバイルルータとして使用していました。

ところが最近、パケ代節約のためHT-03AもWiFiSnapにて接続を試みたところ、どうやらHT-03Aはアドホックじゃつながらんということが判明。

これじゃ、あと1年半もある980円スペシャルW-SIMの使い道としてはもったいないということで、WillcomのどこでもWi-Fiを購入しました。本日ちょこっと使ってみましたがHT-03Aもばっちり接続できて、速度も3Gとは明らかに違いますが、そんなに気になるほどじゃなし。

やはりアドエスの処理もっさりというのは通信というより本体のハードウェアパワーのなせる技だったのでしょう。スマートホンごときの通信量なら4×でもなんとか行けそうな予感です。

ただ、バッテリがエネループ4本ということで大きくて重たくて、持ち運びには苦労しますが、もともと私の予備充電環境はエネループの製品群。1日以上あけるときは単3エネループ8本と充電機器など一式持ち歩いてるんで、そこまで苦にならず。

というわけで、外でもHT-03Aをパケ代気にせず使えるようになりました。いやあ~快適ですねえ。ところでお役御免のアドエスはこれからどう使う?バッテリーはほぼ新品なんで、予備の端末、ルータとして保管しておくことに決定。

さて、これでiPHONEを衝動買いしてもWi-Fiで安心して運用できそうです。うーーむ。これから夏にかけて楽しいこと目白押しですなあ。ホントわくわく気分です。

★アイシン精機の「選べる3色ミシンSP10」
★年会費永年無料の電子マネー おサイフくんQUICPay
★SSLサーバ証明書なら、低価格・24時間サポートのドメインキーパー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/23

docomoSIMが使えるモバイルルータに期待

最近docomoSIMが使えるモバイルルータが2機種発売予定で個人的にかなり期待してます。

これまでにもSIMロックフリーでdocomoSIMが使えるモバイルルータはありましたが、USB端末経由やサポート心配なものばかりで、購入までには至りませんでした。しかしながら、今回の2機種は端末にSIMをセットするタイプ、そして販売が日本通信とバッファロということで、ハード、サポートとも、これなら!という感じです。

ちなみに日本通信製はSIMロックフリー。バッファロ製は調べた限り不明。(開発、販売ともNTT関連らしいのでSIMロックの可能性高そう)。

まあ、ネットワークは、やはりdocomoに勝るものなしと思い込んでるんで、SIMはdocomoにつながるものを使う予定。日本通信のb-mobileも当然選択肢のひとつ。そう考えるとSIMロックフリーが良いに決まってるわけで、バッファロ製のそこらへんの仕様に要注目です。

さて、この2機種について。モバイルのキモであるバッテリ持続はスペックでバッファロが6時間、日本通信は4時間。サイズは心持バッファロが大きいし25g重たいわけで、このサイズ重量大ということがバッテリの持ちの良さに関係しているのでしょう。あと今わかっている両社の機能上の違いは、バッファロは無線/有線LANとのルータ機能も持っているようです。まあ、モバイルルータとしては両方ともいい感じに仕上がってると思います。

というわけで、あとは価格。日本通信は19800円。さてバッファロは?

バッファロが日本通信と価格同等以下で、SIMロックフリー、USB充電可能なら個人的にはバッファロを選択かなと思いますね。

5/25のバッファロの説明会が楽しみです。

★アイシン精機の「選べる3色ミシンSP10」
★年会費永年無料の電子マネー おサイフくんQUICPay
★SSLサーバ証明書なら、低価格・24時間サポートのドメインキーパー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/15

電子メール:サーバーに残す設定なのに削除されてしまう

私の電子メール運用方法は直前記事に書きましたが、複数のクライアントがサーバにPOPでメールを取りにいくんで、各クライアントのメール受信設定は「受信メールはサーバーに残す」になってます。そうしないと全クライアントが同様にすべてのメールを受信できなくなります。

このような運用の場合、結果として、サーバーにある受信メールを削除する人は誰もいないはずなんで、サーバーには延々とメールが残り続けるはずなんですが

ここ数日、サーバーからメールが削除され、メールを受信できないクライアントが出てきました。そこですべてのクライアントの設定を見直しましたが問題なし。

というわけで、すべてのクライアントに対してテストを実施したところ、サーバーのメールを削除している犯人がわかりました。犯人はアドエスWM6.1のOutlookでした。

結論から言いますと、メールがサーバーから削除されるタイミングは、メールがアドエスのローカルに受信されて、その後ローカルから削除されてからの一回目の同期時と判明しました。ただ、

ちょっとひっかかるのは、アドエスの設定はかなり前から変更してなく、メール削除に気付いたのはつい最近であるということ。そして、どうもこの現象がはじまったのはMicrosoft My Phoneをアドエスにインストールしたあたりからということ。

もしかしたらMicrosoft My Phoneが悪さをしているのかもしれません。根性と時間があれば環境を作ってテストをして問題点を明確にしたいですが、残念ながらできません。

ちなみに、この問題の回避策として、アドエスのメールソフトをOutlookからZERO3メールへ変更しました。

これでメールがサーバーから削除されることは無くなり、問題無く運用できています。

ホント、問題は何かするたびにタケノコのように出てきますね。ホント触らぬ神に祟りなしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子メール管理

8月末で、長年ネットでさらし者にして使ってきたアカウントを停止したことで、日に2000通ほど来ていたスパムが0となり、私のメールボックスは静寂を取り戻した。

今ではスパムが来てた頃が懐かしく思え、変なことに来ないことに寂しささえ感じる。ホントおかしなもんです。

というわけで、送付されるメールはいずれも受け取って読む意味のあるものとなりました。そこで受信メールの管理について以下のごとくやることにしました。

まずアカウントは14個あります。内訳はPOP7個、IMAP3個、WEB4個。ちなみにHT-03Aを使ってるんでIMAPのうちの1つ(Gmail)がメインとなっています。

IMAPとWEBに関してはプロバイダーを信用してバックアップとかは無し。POPについては、IMAPとWEBで、それぞれPOPアクセスしてバックアップを取るようにしてます。具体的にはIMAPやWEBサーバーが数時間間隔でPOPサーバーにアクセスしてメールを受信して保持してくれるわけです。

これで私の電子メール管理は一応の完成を見たように思えます。

ちなみに、私の電子メールの使い分けは以下の通り。

1.買い物などで実名会員登録が必要な場合はPOPメール(Y!セーフティメール)

2.ビジネス用としてIMAP(Gamil) HT-03A用

3.プライベート用としてPOP(永久無料のISPメール)

4.アフィリエート関係はWEB(Hotmail)

5.バックアップ・その他はIMAP、WEB

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/16

NTT西のグリッドコンピューティング

Nttgrid 2007年5月18日から6月8日までNTT西日本のグリッドコンピューティングに参加しました。今回の参加は、昨年のはじめに2か月ほど参加しましたが、それ以来となります。今回も前回同様5台のマシンを同時に参加させました。

5月18日にアプリケーションソフトを入手してインストールしましたが、当初ウイルスバスターのファイアーウォールが邪魔してリソース提供に至らず、設定をアレコレ変更しましたがダメで、最終的にセキュリティレベルを「中」から「中低」に変更することで、問題を回避できました。

最終的に約20日間、5台で約2000時間のリソース提供ができました。1時間2円の報酬ですから約4000円の支払いが行われるはずです。

運用中は上記の立ち上げ時ファイアーウォール問題を除き、ノントラブルで快適にリソース提供ができたと思っています。

次も参加する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/23

自宅無線LANの暗号をAESへ

Aes 我が家では2002年初頭より自宅無線LANを使用しております。当時は802.11bのみで、暗号化もWEPの128bitに対応したばかりの頃でした。アクセスポイントは当然バッファロの802.11bでした。その後、Planexの802.11b、COREGAの802.11g、バッファロの802.11gと進化はしてきましたが、暗号化はWEP128bitで使用しておりました。

最近、アクセスポイントをバッファロの高性能タイプ(AirstationPro)に変更しましたので、暗号化も見直すことにしました。今回採用したのはWPAのAES方式です。現在では最強といわれている暗号化方式らしいです。

クライアント側のアップデート4台も完了し、問題なく接続しています。気持ち速度が上昇したような気がします。ちなみに私のもつ最速ノートPC(VAIO CeleronM800MHz)で16Mbps程度出ています。実使用上は問題なく重宝しています。

Airstation

近いうちに802.11nを買います。たぶんバッファロの最近出たやつになると思います。

それにしても、私が住んでるのは田舎の小都市なんですが、自宅の2階で無線LANのアクセスポイントを検索すると、7-8個出てきます。その中の3つは私のやつなんで、残りの4-5個は見知らぬ電波となります。こちらから見えるということは、あちらからも見えていることになります。

うーーむ。やはりセキュリティは大事だなあ。悪気は無くても「ネットランナー」あたりの記事の、見よう見まねでセキュリティを破られかねないし。今出来る最高のものをやっとかないとと痛切に思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)