2011/08/28

DA-2496直結のエレアコノイズが気になる。ちょっと対策してみた。

フレットノイズが必要というリクエストが来た。得意のノイズ打ち込みやろかと思ったが、考えただけでも面倒。というわけで久々ギター弾くことにした。

今回はSONARの内部エフェクトを使おうと思い、エレアコのアウトはDA-2496直結。ちなみにこれは初の試み。これまでは外部エフェクト使うのでミキサー通してDA-2496につないでました。

実は使用頻度の少ない機器を物置行きにしたので、ミキサーが無い。またひっぱりだすのもいいが、とりあえず出来る範囲でやってみることに。

というわけで、エレアコのアウトをDA-2496のHi-Zに直結したところ、ブーーというノイズが出る。まあ、ここまでは想定内でエレアコのプリアンプのイコライザでノイズカット。

だが、聞こえにくいがDA-2496の入力レベルにはノイズに反応した表示が見られた。ただ、このノイズも、いろいろ試してるうちに、シールドを接地すれば0になることを確認。ハンダでアースラインを作り対応。

これでノイズ対策は完璧。あとはしっかりギターを弾くだけ。でも2年ぶりに弾くのはクラプトン張りのブルーズ。ちょっとフィンガートレーニングが必要です。

▼▽安心しておすすめ!ファーストサーバ▽▼
★ 初心者でも安心なレンタルサーバー LOLIPOP!月額105円~で容量最大10GB ☆

★世界NO.1のウイルス検出率 99.9%「G Data」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/21

DA-2496をDelta1010のWin7ドライバーで試したがダメ。認識できず!

WindowsXPまでしか正式サポートされてないDA-2496。我が家では2000からXPと、やがて10年ほど使っています。とりあえず、FA-66があるので、XPのサポート切れでDA-2496使えなくてもなんとかなりますが、外部シンセを多用する私にとっては、多チャンネル使えるDA-2496は非常に便利。なんとか今後も使えるとありがたいわけです。

というわけで、従来よりDA-2496と互換性ありといわれているM-AUDIO、Delta1010のWin7用ドライバーを使い、DA-2496を試してみました。

結果はダメ!ドライバーは当然正常にインストールされますが、OSがDA-2496を認識してくれません。さらにダメもとでXPのドライバーをWin7に入れてみました。こちらはインストールOK、DA-2496も認識してくれますが、アプリが認識してくれません。

うーーむ。ダメのようですねえ。残念。とりあえずXPで使い続けるしかなさそう。

▼▽安心しておすすめ!ファーストサーバ▽▼
★ 初心者でも安心なレンタルサーバー LOLIPOP!月額105円~で容量最大10GB ☆

★世界NO.1のウイルス検出率 99.9%「G Data」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/15

SONAR X1で突然音切れ発生、x1b build242で回避できた。

過去製作したオーディオデータをSONAR X1で処理を行ったところ、突然、音切れ散発。具体的には、音が8ビートでクリックされるような感じ。

とりあえず、環境をいろいろ触ったところ、マルチプロセッサ処理を無効にしたら回避できましたが、せっかくのマルチプロセッサを使わないというのは、なんか損した気分。

というわけで、Rolandのサポートでアップデータを取得し適用してみた。結論からすると、これでマルチプロセッサ有効でも音切れ発生せず。アップデータはx1b build242というやつ。今年の3月にリリースされている。

うーーむ。障害回避うまくいきすぎて怖いですが、これで様子見したいと思います。そういえば、低信頼性のbuild255も5月にリリースというかベータ提供?されているようです。

どうしようもなくなったら、次は使うつもりです。

▼▽安心しておすすめ!ファーストサーバ▽▼
★ 初心者でも安心なレンタルサーバー LOLIPOP!月額105円~で容量最大10GB ☆

★世界NO.1のウイルス検出率 99.9%「G Data」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/13

SONAR X1アッグレード通知来たっ!早速申し込んだ!納期は12月下旬らしい。

つい先ほどRolandからSONAR X1 Producer 日本語版 アップグレード版が、申し込み可能になったというメールが来ました。

即、申込完了しました。お代は送料税込みで15750円。

アップグレードセンターのアカウントなんて年に一度しか使わんから、IDもパスワードも不明で、ちょっとあせりましたが、脳裏の情報を吸い上げて、なんとかログイン成功。

半ば、恒例となっています年末のSONARのアップグレード。これでcakewalkの頃、デジタル処理ができなかった時代からだから、おそらく15年近くアップグレード重ねてますね。

それまではPC88,PC98でRCPとかカモンとか使ってましたから、あの頃を考えると、ホント楽になりました。当時はMTRが同期の要、PCもSYMPTEとか使ってスレーブ側で同期させられてましたし。

ああ、なつかしい。

今はMTRが不要、ギターや歌をPCに入れてしまえばいいんで、機材をガサガサいじることが無い。まあ、さびしいといえばさびしいかも。

というわけでSONAR X1 Producer。2年ぶりのメジャーバージョンアップです。楽しみですねえ。早くこんかな!

★レンサバ月105円ブログ・ネットショップを好きなドメインで!
★ 初心者でも安心なレンタルサーバー LOLIPOP!月額105円~で容量最大10GB ☆

★世界NO.1のウイルス検出率 99.9%「G Data」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/06

SONARバージョンアップ案内来た!新SONARは9じゃなくX1。

ローランドからSONARのバージョンアップ案内来た。新バージョンは9じゃなくてX1。

昨年のバージョンアップが8から9と思いきや、8.5とかいう中途半端な数字。まあ、バージョンアップの内容からして+1するほどのものじゃなかったのかもしれませんが・・・・。それで今回のバージョンアップは9を飛び越してX1ということ!?

ということは、今回のバージョンアップX1はメジャーもメジャーなものと考えてよさそう。

ちなみにWEBに載ってるX1の特徴は3つ。

1.ユーザー・インターフェースを一新し、作業をより効率的に

2.ビューの自由配置など、画面カスタマイズが可能

3.アナログ・モデリングによるProChannelを新搭載。(Producerのみ)

らしいです。まあ、読んだだけじゃなんとも言えない特徴ばかりですが、少なくとも3のProChannelは、ちょっと面白そう。これだけでもお金出す価値あるかなあと思って、8.5Producerからのバージョンアップ価格見ると、15750円(税込み送料別)らしい。

うーーむ。安いか高いかわからぬが、こりゃ個人的には買いと判断。

なお、バージョンアップの申し込みは例年の如く11月中旬ということらしい。もちょっとですね。

★インナーならGUNZE eStyle
★レンサバ月105円ブログ・ネットショップを好きなドメインで!
★ 初心者でも安心なレンタルサーバー LOLIPOP!月額105円~で容量最大10GB ☆

★世界NO.1のウイルス検出率 99.9%「G Data」
★新サービススタート!!激安ドメイン&レンタルサーバーのロケットネット☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/17

SONAR8.5

SONAR8.5の予約完了しました。SONAR発売以来毎年メジャーバージョンアップしてましたが、今年は0.5のマイナーバージョナップのようです。予約したのは最上位のプロデューサ。

価格は10500円と送料。いつものメジャーバージョンアップより半額。さて、それほどの価値があるかどうか?前回のバージョンアップは、エフェクトとD-Proのフル機能追加で満足感高かったですが、今回のバージョンアップ内容はというと音源の追加、改良と操作系の改良と新機能追加。まあ、音聴いてさわってみないとなんともいえませんが、まあ、これらが1万円ちょっとで手にはいるんで、それはそれでオーライな気分です。

それにしても、もう10年近くハードウェアのシンセを購入してないんですね。ちょうどSONARが出た頃。最後のシンセはJV-2080と思いきや、GR-33が最後ですね。ということは最後のシンセは5-6年前ですね。GRはSONARと接続することは無いですし、基本DTMには使ってないですけどね。

というわけでSONAR8.5は11月中旬からの発送。あと1か月、結構待ち遠しいですね。これを機に2年近く手にしてないギターを弾きたいと考えてますが、はたしてその気になれるかどうか・・・・・。

↓はSONAR8。これ買ってもタダで8.5へバージョンアップできるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/17

SONAR8のD-Proでレジストレーションできない不具合

SONAR8プロデューサエディション届きました。SONAR7からのアップグレードでした。価格は確か25000円くらいだったかな?よく憶えてません。確かSONAR7の時は、しょうもない腕時計が添付されてましたが、それを反省してか、今回SONAR8のアップグレード特典は、SONAR8で遂に標準装備となったD-Pro(LEじゃないよ)とセッションドラマー2のサウンドライブラリらしい。アープオデッセイやプロフィット5、TR-707(うちにマシンがあるぞ現役だ!)なんてのが用意されてる。YMOや冨田勲とか打ち込みたい気分になるなあ。

というわけで、SONAR8届いたのが昨年の12月27日頃でインストールは箱根駅伝見ながら1月3日にしました。まあ、慣れたものでサクサクインストールは進みましたが、D-Proのインストールで大問題が発生!なんと、レジストレーションできない。

製品登録した後表示されるレジストレーション画面が、まったく表示されず。とりあえず、この現象について、ネットで検索したが有用な情報は得られず。そういうわけで、cakewalkのWEBサイトからサポートへメールで問い合わせを送る。

その後、いろいろネットで検索したら、あったあったレジストレーションのページ。このページでレジストレーションを済ませ、そしてレジストレーション完了メールも届き、めでたくインストールは完了しました。

というわけで、次の日、Rolandのサポートからメールが来ました。やはり、D-Proのレジストレーションに不具合があるらしく、製品登録からレジストレーション画面にいかないことがある、現在原因調査中。という由の連絡がありました。そんなら、WEBに載せとけばいいものを、ホント無駄な時間を費やしてしまいました。

ですが、SONAR8のキモはD-Proとさらに豊富になったエフェクト群、まだまだ使いこなせてませんが、ボチボチさわっていきたいと思います。ちなみにPCのスペックは、WindowsVistaビジネスでCore2DuoE6600、メモリ2G、I/FはFA-66で、特に問題はなさそうです。

早いとこ会社辞めて、DAWにどっぷり漬かりたいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/13

SONAR8が出るようです!

Image200810 毎年恒例ともなりましたSONARバージョンアップのお知らせが来ました。今回のバージョンアップ後のバージョンは8です。というわけで、SONARも8代目になったわけです。思えば、1997年頃、PC88/98のMCPシリーズからcakewalkに乗り換え、その後、SONARに進化して使い続けています。もう10年以上もこのシリーズを使っていることになります。いやあ、長いようで短いようで、途中にシンガーソングライターやCubaseなんぞ使ってみたり、MACじゃ今でもLOGIC使ってますが、個人的には使い慣れたSONARが一番しっくりきます。そんなわけで、SONAR使い続けてるんでしょう。

まだ、お知らせだけで価格とか不明ですが、おそらく購入することになると思います。ダイレクトメールによると、今回も事前予約でプレゼントがあるようです。そういえば、昨年はマジにチープで情けないデザインの腕時計をもらいました。使うに使えず、今でも箱に入れたまま机の片隅にあります。そのうち捨ててしまうんでしょう。おそらく・・・。

というわけで、今回のバージョンアップ内容(プロデューサ版)についてですが、D-Proの本物が同梱されるようです。これはうれしいというかLEでできなかった拡張ライブラリが使えそうなんで、これにはちょっと期待してます。それから、64ビットのプラグンエフェクトが2-3追加されています。その他、使い勝手向上の機能がいくつか追加されているようです。この中でオーディオデバイス変更後のリスタートが不要になったのは、個人的にはありがたい項目です。私は複数のオーディオデバイスを多用するんで、マジ作業効率が向上します。

うーーむ。こう書いてるうちにSONAR8マジ欲しくなってきました。はよ価格とか出してほしいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/12/24

SONAR7 届きました!

      P1010001   アップグレード予約してたSONARの最新版、SONAR7が届きました。バージョンは最上位のプロデューサ・エディションです。まあ、一人多重録音を始めて、やがて25年くらいになるのですが、DAWなる分野のソフトがここまで発展するなんて夢にも思わなかったわけで、正直、プロデューサ・エディションなんて高級で多機能なものは使いこなせません。

個人的には8トラあたりのMDデータをつかったマルチトラックで十分なんですけど、まあ、ケークウォークを使い始めたのが縁で、ついにSONAR7で、しかも最上位のプロデューサ・エディションを所有することになっています。もちろん初代SONARから、ずっと最上位バージョンを所有し続けています。

P1010003

送られてきたSONAR7の梱包を解くと、なにやら記念品である腕時計が出てきました。これって俗にいうおまけのことでしょうか?時計の外装は高級というか、それなりに雰囲気出してますが、なんとも時計自体は、お世辞にもならないほどの、センス悪くて安物ですといわんばかりの出来。まあ、こんなお粗末なものを、よくお客に送れるなあとちょっと関心。

腕時計の文字盤にはたしかにSONAR7の文字。だけど見るからにSONARのイメージが壊れていくような気がしてならず。手にとってみたが重圧さ重厚さもなし、腕に巻いてみたが、なにっ!と思うくらい装着しずらいし、装着感も、これまでつけてきた中では最低。

P1010005 これは、普段はつけられんということで、高級な箱に戻して保存することに決定。もしかしたら将来プレミアな一品になるやもしれず。私にゃ相続できる人がいないので、まあ、時期を見計らって売りにでもだすか、廃棄するかにしたいと思います。

それにしても、デザイン、装着感など、ホント、最低な腕時計です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/03/31

FA-101/FA-66がWindowsVista対応

RolandのFireWireオーディオインターフェースFA-101とFA-66に、WindowsVista対応ドライバーが提供されました。

http://www.roland.co.jp/support/Information/Vista/index.html

31p1010004 さっそく、手持ちのFA-66とWindowsVistaBusinessでセットアップ開始。ダウンロードして解凍、setup.exe起動してインストール。インストーラは2つのファイルをコピーするようで、2回の同意を求められる。

インストールの最後にFA-66をPCと接続、電源を入れたら即認識してセットアップ完了。速い、なんと2分も待たずにセットアップ完了。

というわけで、テスト実施。FA-66のOUTPUT1と2を、MA-10AのINPUTへ接続。

次にWindowsVistaのコントロールパネルからサウンドを呼び出してテスト。Windows終了の音源を指定して「再生!」としたが、うんともすんとも鳴らない。

接続に問題はない、FA-66にヘッドフォンつないでも鳴らない。こりゃWindowsの設定に問題ありということで、サウンドの設定を見直す。よくよく見るとFA-66の出力デバイスがPort3になっている。

というわけで、出力デバイスをPort1へ変更。これで再度テスト。とりあえず、WindowsVista開始の音を選択。「おお、あのロバートフリップ作の4つの音階、確かにきこえる。MSIマザー搭載のHDオーディオに比べ心持ちよい音だ。」と成功した。


EDIROL FA-66

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧