2010/11/19

ヤマハのナイロンストリングス、NTXとNCXどっちにしようか思案中!

最近、ナイロン弦のギターがちょっと欲しくて、楽器屋行くたびに触ってます。以前はゴダンとかのセミソリッドボディがいいと思ってましたが、歳をかせねて重いものが苦になり始めたのか、ここのところエレアコばかりに目がいくようになりました。

そういう中で、最近気に入ってるがヤマハのNXシリーズ。このシリーズ、ネックやボディ形状の違いでNCXとNTXの2種類で構成されてます。ガットギターっぽいのがNCX、いわゆるフォークギターっぽいのがNTX。

やはりエレキやフォークギターに長年慣れ親しんで私にとってはNTXが弾きやすい。ただ、ナイロン弦を弾くのにエレキやフォークギターのタッチであるのも、なんか風情が無い。

いつもならプレイヤビリティだけでギターを選びますが、ことナイロン弦に関しては、NCXとNTXどちらにするか思案中。そう、最悪、弾いてナイロン弦の音出すだけなら、ギターシンセでもいけるし、やっぱここは幅広ネックでも弾けるようにNCXを選択するのも一興かと。

まあ、もちょっと検討して決めたいと思います。今のところ、NCXもNTXも900あたりを考えてます。

★レンサバ月105円ブログ・ネットショップを好きなドメインで!
★ 初心者でも安心なレンタルサーバー LOLIPOP!月額105円~で容量最大10GB ☆

★世界NO.1のウイルス検出率 99.9%「G Data」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/08

BTB670は8.5万、BTB675は10万

久々近所の楽器屋を回りました。目的はベース購入。以前からベースの打ち込みに限界を感じてたんで、心機一転数十年ぶりにベースでも弾こうかと思い楽器屋めぐり。

あらかじめの検討で、やはりテクニカル志向、24フレでロングスケールの機種を考えていたんで、想定したのはIbanezのBTBシリーズ。見た目もスルーネックでナチュラルカラー。なかなかの高級感。

ところが楽器屋3軒回りましたが、展示してる店はなし。Ibanezのベースといえば、やはりSRが売れ線らしい。SRは6弦まで置いてある。

というわけで価格だけでもということで、店員さんに聞いたら、4弦が8.5万。5弦が10万。通販だと4弦最安値7.5万、5弦が同じく8.5万くらい。やっぱ店頭販売は高い!

とりあえずお店の人に予算は7.5万といったところ、なにやら電話して探し始めた様子。なにやらアウトレットを探しているようだ。アウトレットなら通販で7万があったはず。ですんで丁重にお断りしてお店を出ました。

まあ、金額は別として、選定に困っているのが4弦か5弦か。実は5弦を弾きこんだことないのでなんとも実感がない。ただ5弦ならばLOW-Gを追加するんじゃなかろうかと漠然に考えて、もちょっと検討して。さらっと買いたいと思います。

★レンタルサーバー LOLIPOP!月額263円で容量8GB ☆
★ブロードバンド最安料金比較。価格.com限定プラン
★豊富な機能が標準装備!KDDIのレンタルサーバー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/05

電子キーボード YAMAHA vs CASIO

ふとしたことで電子キーボードを買うことになりました。もちろん自分用です。ですんで、とにかくコスト重視となります。機能はほどほど重視しますが音にはこだわりません。そういうわけで、ネットで情報収集しましたが、有力なベンダーはYAMAHAとCASIOのようです。まあコスト考えなければコルグとかローランドにも同じカテゴリーの製品あるようですけどね。

というわけでYAMAHAとCASIOをスペックや実機触って比較しました。そして結論はCASIOのLK-207を買うということになりました。この機種選定の決め手は、光る鍵盤と収録曲の多さ、それにPCとの連携性能でした。

最初は光る鍵盤はどうでもいいと思ってましたが、レッスンモードでマシンを触ったとき、次に弾くべき鍵盤が、ディスプレイに表示されるのと光るのとでは、あきらかに後者の「光る」が使いやすいというかストレスが無いと感じました。

この「光る鍵盤」が必須となると、CASIOでLK-207、LK-107の2機種、YAMAHAでEZ-J210の1機種の合計3機種の中から選ぶということに。次に収録曲はどの機種も100曲以上内蔵されてるんで、3機種とも範囲内ということに。

そして最後のPCとの接続に関しては、想定した機能を有するのはLK-207だけ。そして実売価格もだいたい2万円ということで、コスト的にもOKということに。

ちなみに、LK-107とEZ-J210の実売価格は約1.5万円。

先ほど発注したんで数日で届く予定です。気になる購入価格は、本体とスタンドやヘッドホン、クロス一式で22500円。さてさて届くのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/10

ガムランボールって知ってる?

ガムランボールって知ってますか?まあ、ボールという語句は一般的ですが、頭のガムランという言葉は、私は最初インドの宮廷音楽のガムラン(ガメランという発音もあるらしい)と思いまして、なにやら、そういうシンバル系のグシャッとした音を想像しました。

ですんで、そういうシンバル系の音がするボール状の楽器というかアイテムではないかと想像してました。

ところが、ガムランボール アクセサリー通販によると、ガムランとはインドネシアの楽器とかかれてます。ああインドじゃなくてインドネシアか。間違って記憶していたようです。

またそのサイトによるとガムランボールとはその名のとおり内部がボールの形をしていて、オルゴールの櫛歯に似た構造の作りになっており、振るとシャラン、シャランと心地良い音色がするとのこと。

「シャランシャラン」か!上のほうに書いた「グシャ」とはエライ違いの様子。うーーむ。音を聴いてみたいもんである。残念ながら、このガムランボール アクセサリー通販では聴けないようだ。YouTubeあたりを探るしかないか・・・・。

と思いきや、オープン記念でこのガムランボールをプレゼントしてるらしい。当たるのは1名なんで難関ですが、まあ、そこいらで売ってるもんじゃないので、とりあえず応募しました。

というわけでサイトを見ましたが、これって結構手のかかったアクセサリー、ストラップとかにして使えば、紛失防止の鈴がわりにもなりますね。携帯とかスマートフォンのケース、財布とかに使えば見た目も、音も、おしゃれになりますね。うーーむ、ちょっと欲しくなってきました。マジ検討してみます。

ちなみに、このサイト「ガムランボール アクセサリー通販」の運営会社はシステム開発のマイスター・ギルドらしいです。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

なお、本件は、レビューブログからの紹介です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/21

ナイロン弦のギターが欲しい

ここ1年ほどギター弾く機会がなくて、ある意味悶々としていたのですが、最近、時間ができたので、そろそろ弾きまくろうと思ってます。ですが、いざ弾くとなると弦をかえたりしなければならず、ちょっと後回しになってます。そんな中で、ちょっと最近欲しいと思ってるのが、ナイロン弦のギター。それもエレアコが気になってしょうがない。5年ほど前に初のエレアコというかアコギを買う時に、50万円の予算でギブソン、マーチン、オベーションあたりを目指して楽器店5軒くらいまわってプレイアビリティをチェックしたとき、エレクトリック数十年の自分にはぜーんぶ弾きずらいものであったことを思い出す。

そのとき唯一、これは弾きやすかったのがヤマハのAPX。当時は最上位モデルが7番だったんで購入したのはAPX7で6万くらいだった。

というわけで今回もやっぱAPX中心になりそうな気がするわけです。ホントはディメオラモデルが欲しいんですけどね、弾きにくいギターに50万円費やすなんてもったないし。飾り物なら20万円が上限なんで、ディメオラモデルは却下!

さて気分がいい時に楽器屋さんに行って取り寄せてもらって弾いてみるつもりです。

外野からは、ナイロンのエレアコで何をやるんだと聞かれそうですが、もちろん、ディメオラに決まってますよ。まあ、ゴダンという選択肢もあるんですけど、あれは見た目も弾きやすさもいまいちなんですよ。とくに、私だけかもしれませんが、取り回しがよくないんです。座って弾いても、立って弾いてもなんとなくしっくりこない。それに意外と重いし。

バクスターみたく座って弾くのもいいと言われることもありますが、もちょっと年を重ねないと、その気になりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/29

POD-XTとGR-33

Podxtlive 世間では、昨日からGW。しかも多い人は9連休らしい。かくいう私も9連休なので、この休みを生かして音楽活動に力をいれることにした。まずは、楽器をならしてインスパイアードされることが重要と思い、メインのギターエフェクトであるPOD-XT Live!とギターシンセGR-33を久々使って音を出してみました。

POD-XT Live!は、Variaxと接続してグリグリのモデリングを。GR-33は、Fender Roland Readyと接続して、メセニーばりのブラスギターを奏でてみる。あいかわらずいい音たちである。まさに自画自賛。

PCにSONAR6、MACにLOGICを立ち上げて、FA-66からレコーディングしてみたが、素晴らしく簡単にステレオで録音してくれる。Variaxはちょっとノイズが入るが、まあいい感じである。つまみをLESTERにして、太めのディスでガンガン弾いてると、最後にはなぜか「哀愁のヨーロッパ」なんぞを弾いてお開き。

このトラックにGarageBandでバッキングを作っていく、LOGICでもいいのであるが、重たいので編集作業以外はGarageBandが楽チン。ドラムもベースもPCRで打ち込んで行き、さてさて完成。

ループってのはマジ便利だけど、ひとつづつ音を重ねて1曲を作りあげる喜びをなくしてしまった張本人でもあり、個人的な思いは複雑なものがある。

昔々なら4日くらいかけて打ち込んで作ってた楽曲もループを使えばそれなりのものが数時間でできてしまう。便利にはなったが、味気なさもひとしおである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/24

RolandのWindowsVista対応

下記にRoland製品のWindowsVista対応予定があります。

http://www.roland.co.jp/support/Information/Vista/index.html

私が持ってる機材で、Vistaに対応しているものは約20%。Vista対応予定といいながら納期も明確でないものが多々あります。これってユーザからいわせると放置に近い。たとえば現行機種であるFA-101とかFA-66とか。

私はFA-66ユーザです。先日、FA-66がVistaに対応してると思いこんで、Vistaマシンを購入したんで、今使えない状態です。マジで早く対応するか、納期を明確にしてほしいです。あまりに対応遅いならば、インターフェース買い直します。

また、今回のVista対応に関連して、かなり痛いのがDA-2496のVista対応なし。まあ、これは現行機種では無いので延々サポートするのは無理であることは理解してます。要はVistaで使いたけりゃ、UA-1000を買えという意志表示と受けとめてます。

とりあえず、XPの動くマシンが入手できる間はDA-2496を使い続けます。いやいや待てよ。確か、DA-2496は他社のOEMのはず、供給元でVista対応ドライバーあるかもしれません。ちょっと探してみようと思います。

OSが変わると、ソフトだけでなく周辺機器もかわるわけで、ホントもの入りです。とくにVistaの場合はPC本体も買い替えが必要な場合が多いわけですから。

風の噂じゃVistaの売れ行きは予想よりかなり低いと聞く。確かに、これじゃあVistaは売れんだろうなあ。やっぱお金かかりすぎ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007/03/04

PCR-M30復帰

P1010002_1 先日(2/16)修理に出したミディコンが帰ってきました。キーボード交換したようできれいになって戻ってきました。また、マシンをUSBとMIDI双方で接続して試しましたが、バッチリ良くなってます。

購入して1年半経過してたんで保証は受けられず実費となりました。費用は4500円。しかし、島村楽器のメンバーカードには、メンバーは修理も安価で対応と書いてありますが、この内容って今回履行されたのかどうか不明。

ま、PARCOカードで支払いましたから、5%のキャッシュバックがありますので、それでよしとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/02/17

PCR-M30突然故障

Pcrm30 MIDI打ち込み用として使用中の鍵盤RolandのPCR-M30が突然故障しました。BとCと1オクターブ上のCの信号が出力されず、かつ全体的にベロシティがヘロヘロで弾いたとおりの音がまったく出力されない。

20年以上、多くのRoland製品を使ってますが、購入して1年ちょっとで故障するなんて初めてです。部品のコストダウンで品質が落ちているのか、Rolandの品質自体が低下してるのか、Rolnadには絶大なる信頼を置いてましたのでちょっとショックです。

とりあえず、メカ的には使えるので環境も考えて、修理に出すことにしました。いつもRoland製品を買う近くの島村楽器さんへ持っていったところ、見積もりまでで1週間かかりますとのことであった。

帰ってくるまで不自由であるが、倉庫のシンセサイザを引っ張り出すのも大変だし、とりあえずPCキーボードで打ち込むことにしよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/01

Ibanez「RG1520G」

Rg1520g_bp_00_01 RolandのGKに対応したギターを探しています。速攻で必要ではないのですが、近い将来買う予定です。

これまで、NavigatorのストラトモデルにGKを付属のテープで取り付けたりしましたが、位置がずれたり、ピックアップの高さが変わったりして、使い物になりませんでした。そこで、後付ではなく、GKをビルトインされたギターを使うようになりました。

現在、ChravelストラトタイプのGKビルトインBSD-725とFenderストラトGK Readyの2本のGKビルトインモデルを使っています。これらのギターに変えて、プレイアビリティは劇的に変わりました。とにかく、後付の場合、ギターを持ち運ぶだけでGKの位置や高さが変化していましたので、そりゃ、とんでもない安定性です。

というわけで、IbanezのRG1520G。このギターを弾いたことはありませんが、Ibanezの他のRGでしたら、楽器屋さんで、何度も弾いたことがあります。プレイアビリティ、スペック的に問題は無いので、エレクトリックとしては、こいつが最有力です。価格も15万円前後で手ごろ感があります。

ちょっと気になるのは、GKを付けているので、ストラップで下げたときのギターのバランスが体にフィットするのかどうか、そこまでの調整がなされているかどうか・・・・。

また、色は本当は赤系が欲しいのですが、このモデルには無さそうで非常に残念。再塗装するような無謀はしない方針なんで、黒のまま使うしかなさそうです。

このギター専用に赤いストラップでも準備しますか!・・・だけど、それはセンス悪そう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)