« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/30

D4のデカバッテリプレゼントが1か月延長?!

ウィルコムストア

個人的には、その存在が面白くて欲しいアイテムであるWILLCOM D4。 ですが、使用している人々のコメントを読む限り、ちょっと買う気がしないというか、もちょっと待ったほうが得策か?と思うのも事実。ちょっと前まで、気になったのはバッテリの持ちで、標準添付のバッテリじゃ、放置ですら数時間しか持たないという事実。そして、それに加え、最近よく見かけるのが熱暴走という問題。

ん?ATOM搭載しててファンもあるのに、なんで熱暴走?!という素朴な疑問がわき始める。これって、やっぱ設計がまずいんじゃないかと想像してしまう。おそらく、設計がまずくて発熱するようなハードになっている。発熱させるには多くのカロリーを必要とするが、この発熱に大事な大事なバッテリの電力が使われているのは間違いない。さらに、この熱を逃がすためのファンも当然大事な大事な大事なバッテリを消費するわけで、一言でいうと、問題の根を断たないいい加減な設計をしたがゆえに、システムとして悪循環に陥っている状態といっていいだろう。

まあ、バッテリー持続時間が短いという問題は、このたびデカバッテリの無料プレゼントを8月末まで一か月延期したので、表面上はおさまる気配はあるだろうが、熱暴走については、これからの暑い季節、さらに頻発するおそれがあり、とても買う気がしない。

WILLCOM D4、コンセプト的には、シンプルかつ合理的で時代に合う製品だと思いますが、いかんせんハードがよくありません。少なくとも、バッテリが持たないことを明確にし、デカバッテリを標準装備とする仕様変更が必要と考えます。

7月までであったバッテリプレゼントに釣られてD4を購入した人もいるわけで、それをいとも簡単に、期間を8月末に延期するなど、こういうだましのような販売は、見ていていい感じがするものではない。今後、期間を、さらに9月末まで延長とかなったら、もうサイテーということになる。

それにしても、D4、コンセプトはサイコーなんですけどねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/07/27

HP!次のmini-Noteは2133に非ず

大人気のHPのmini-Note HP2133ですが、次回の販売(8月中旬)からは後継機種に取って変わるようです。未だ後継機のスペックなど公開されていませんので、さまざまな憶測が飛び交っているようです。

ですが、好調な販売を続ける現行機種を敢えてひっこめる訳ですから、HPとして、現行機種(HP2133)をこれ以上売り続けることができない事情があるわけです。さて事情とはなんでしょう?!

まず、考えられるのは、競合と比較して、システムの処理能力が低いことです。これは、私がHP2133を購入しなかった最大の理由と重なります。その理由は、Vistaの採用は良しとしてもCPUにC7を選択したことにあります。C7では、たとえOSをXPへダウンしても力不足は明らかです。

HP2133は、つくりがいい、キーボードが使いやすいなどといわれますが、システム処理能力が不足している時点で、そのマシンはNGとしかいいようがない。要は使い物にならないわけです。そういう意味(能力不足)で、HPは2133の製造をやめて後継機を開発したのかもしれません。そうなると、後継機のCPUは増強される可能性が高くなります。普通に考えればコンペチターと同じATOM、最低でもATOMを採用しないと土俵には乗らなくなる。

ですが、今の高価なボディでCPUをATOM級に換装してVistaとなると、価格が上がり(現行機でもコストギリギリかも)コンペチターと戦えないと思われる。そうなるとボディを安く仕上げてATOMでVistaなんてことになりそう。

次に考えられるのは、現行機のコストが高くて商売にならないこと。コンペチターの仕様はATOM(1.6GHz)+XP+8.9~10インチ液晶(WSVGA1024×600)という構成、さらにASUSはSSDをも採用している。そして価格は55,000円~60,000円。HP2133の場合、コンペチターとの差別化を高価なボディとOS、それに液晶(WXGA1280×800)でやってるわけです。

この場合、ATOM採用はコスト高になりますから、CPUはC7のままで、上記の3つの差別アイテムをどこまで採用するかで後継機の価値は決まると思われます。私的には、まずはOSをXPとしてシステムパフォーマンスを上げ、これでもコストが合わなければ、高価なボディのスペックダウン、それでも合わなければ、液晶解像度のスペックダウンが妥当と考えます。

まあ、ここまでスペックダウンすれば、仕様的にはコンペチターと横並びになりますが、最後は「HP」というブランドバリューで売れるでしょう。私はCPUがC7である以上、買いませんが・・・・。

さてさて、実際はどうなるのか・・・・。8月中旬の販売開始が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Eee PC™ 901-X増設用SSD

今話題のUMPCにおいて、ストレージにSSDを採用して差別化をしているASUS PC 901-Xであるが、そのSSDの容量が12GBということで、使い方によっては容量不足する場面があると指摘されていた。今回、バッファロから、その容量不足を解消できる、専用で増設用のSSDが発表された。

発表されたSSDは32GBと64GB。いずれもPC 901-XのDドライブ(8GB)と換装という形で使用可能になるらしい。仮に32GBを購入した場合、Cドライブ4GB、Dドライブ32GBの合計36GBのストレージエリアが出来上がるわけである。

まあ、アプリケーションなど初期状態以降にインストールするソフトは、すべてDドライブを使うとすれば、かなり多くのソフトを使うことが可能である。私的には16GBあれば必要なソフトをインストールしてもかなりおつりが来るレベルなんで、SSDに換装することでストレージに関する問題、不安はなくなると考えている。

問題は、価格であるが、ネットで調べてみると32GBで1.5万円、64GBはその2倍といった内容をチラホラ見かける。私的にはシステム価格の15%がストレージ価格の上限としているので、まあ、1万円以下なら買いと判断したい。ということは、32GBで1.5万円というのは、まだちょっとお高いということになる。もちょっと待ちということになりそうです。

ちなみに発売は9月。ミニノートというかUMPC、私も、そのうちに買うことになるので、かなり気になります。8月中旬はAcer、それ以降、DELLや富士通の参入もあるようですので、じっくり見極めて機種選定したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/24

またもや売り切れ?HP2133

2133_04 昨日、HP Directplusより、24日0:00からHP2133の販売を再開しますというメールが届いた。当初7月末以降ということだったので、こりゃ8月中旬あたりと思っていたが、これは相当に速い。おそらく、ASUSの901とか、MSIのU100とか、AcerのAspire Oneの販売攻勢が始まる前に、先手を打とうとしているのかもと思い、ついにHPもコンシューマレベルで勝負に出たと思ったのもつかの間・・・・。本日の昼休みにHPのサイトにアクセスしてみたら、HP2133の販売は認められるが、購入する画面へ行けない。

なんじゃこら!!と思いながらメールチェックしたらHP Directplusからメールしかもサブジェクトの冒頭に(お詫び)なんて書いてある、こりゃ、WEBサイトの障害とかあったのか?と思いきや。メールを読んでみると、なんと売り切れで本日お昼にはサイトを閉じたらしい。

実に真夜中にオープンして、たかだか12時間で売り切れとはねえ。いったい何台準備したのか?そこをはっきりして次回の予定を立てないと、間違いなく買いたい人々は去っていくに違いない。それとも、HP Directplusだけ在庫なしで、小売店には在庫潤沢にあったりして。

実際、購入を受け付けているお店はいくつかあるようだ。それにしても、このミニノートというか、UMPCの人気はちょっと本物かもしれませんねえ。ASUS、MSIも売り切れ続出だし、8月中旬販売開始のAcerもスペックと価格からして売れるのは、ほぼ間違いない。

そして年内にはDELL、来年には富士通の参入もありそうだし、こりゃ業界を巻き込んだ動きが加速しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/22

7/23槇原の「WE LOVE YOU.」リリース

Image080722 槇原敬之ニューシングルWE LOVE YOU.」が7/23にリリースされるようです。さわりの部分を聴きましたが、あいかわらずの槇原節健在で、ヒット間違いなしの曲だと思います。マジいい曲です。

ちなみに、この記事の(↓)に、この曲のさわりが聴けるブログパーツを貼り付けてますから、ぜひ、再生ボタンを押下して、この曲WE LOVE YOU.をお聴きください。

これまでいろいろブログパーツを見てきましたがニューシングルのさわりを配信するものは初めてで、なかなか面白いアイデアと思いました。今後、好きなミュージシャンのブログパーツを貼り付け、それがジュークボックスやラジオのように音楽を鳴らし続けるなんてのがあれば楽しいかなあと思いますね。

というわけで、私が好き槇原敬之の曲は、私のカラオケのオハコでもあります「遠く、遠く」です。親元を離れて生活を始めたとき、偶然、この曲「遠く、遠く」と出会いました。そのとき、故郷を離れて暮らしている親、兄弟、友人のことが、自分にとって、改めてかけがえのない存在であることに気づきました。とても思い出に残る名曲です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WILLCOMご利用料金のお知らせ(6月)

WILLCOMの6月利用料金のはがきが来ました。6月は4,866円でした。

内訳は下記のとおり。

1)新つなぎ放題 3696
2)ユニバーサル 6
3)W-VALUE割  -1096
4)割賦代金    2130
5)消費税      130
合計        4,886円

となりました。ちなみにアドエスの割賦残金は、31,950円。まだまだ先は長いですねえ。

ウィルコムストア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/21

ThinkPadX61発注しました

昨日(7/20)にレノボのThinkPadX61を発注しました。ミニノートというかUMPCを買う予定でしたが、ThinkPadX61のキャンペーンがありましたので、あっさりそちらに乗り換えてしまいました。

これまで購入予定のHP2133のハイスペックマシンが8万円弱ですから、ちょっとの追い銭でThikPadX61が手に入ること、それから台数限定というふれこみに負けて衝動的に乗り換えた次第です。 マシンの配送は2週間後なんで、まだまだ先ですが、初のThinkPadユーザーとなります。

というわけで、ノート型のマシンはPDAを除き5台目となります。リブレット50、リブレットL5、VAIO TR2E、iBOOKG4 そして今回のThinkPadX61です。

うーーむ。今から来るのが楽しみですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EMONSTER Lite は5980円?

イーモバイルのスマートフォン第2弾として7/19に発売されたEMONSTER LiteことS12HTですが、イーモバイル・ストアで本体の初期費用価格は5,980円と書いてあるようです。この時の最安値月額支払は、ケータイプランの2,000円~5,980円。

これは新にねん+ご加入アシスト(1,000円/月)なんで、新にねんだけなら毎月の支払は1,000円~4,980円となるが、本体初期費用が2年しばりの24ヶ月分の24,000円高くなり、29,980円となる。どっちを取るかは懐の温かさしだい?

ちなみに、EMONSTERが、新にねん+ご加入アシストで本体初期費用19,800円、新にねんですと本体初期費用43,800円ですからねえ。

両機の違いは上位機種であるEMONSTERに、QWERTY配列のキーボードと無線LANがついてるだけと言っても過言ではないレベル。私的にはキーボードはめったに使うことは無いし、たとえ、使うとしても使いにくいことこの上なしのレベルだし。また、無線LANを使うと言っても、自宅以外で使える無線LANなんて、私の住んでる田舎の小都市じゃ、ほとんど存在しないわけで、キーボードも無線LANもいらんわけです。

ということで、私ならEMONSTER Liteなんですけど。この端末を世間の機種と比較すると、画面は解像度が小さいのでストレスたまるだろうし、メモリがこれまた少ないのでアプリを入れるにも制限あるし、かといってイーモバイルの上位機種EM・ONEαだと大きすぎるし。

というわけで、理想的スペックはウィルコムのアドエスやWillcom 03。キャリアの垣根を越えて、ウィルコムの端末をイーモバイル通信網で使えればいいのですがねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/07/19

イーモバイルEM・ONEαが1円?

Zoom_emone08 イーモバイルのEM・ONEαが本体初期費用1円(事務手数料は別途)で手に入るようです。つい最近まで、2年縛りの料金プラン(スーパーライト2,000円~5,980円)で本体初期費用19,800円でしたが、今日から7月末までは、上記のとおり、1円で手に入るらしいです。その前提条件は、新料金プラン選択のようです。この新料金プランは「2年MAX」と称し、2年縛りで2,900円~6,880円らしいです。初期費用が少ない分、毎月の支払が増えるだけなんで、なんてことはないのですが、目先のお金にこだわる人には良いニュースでしょう。

ちなみにEM・ONEαは、ハードウェアとしては発売から1年以上経過していて、陳腐化しているように思われがちですが、実は同じイーモバイルのEMONSTERなどと比べてもマダマダ負けないほどの機能を持ってます。大画面、ワンセグ、512MBの大容量内蔵メモリなどは、最近出たWILLCOM 03などもすべては到達してないスペックです。

大きさがもちょっとコンパクトですと私的には即買いなんですけどねえ・・・。

大画面だからこの大きさは許容できるという方には、このWindowsMobileマシンはお奨めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

050あんしんナンバー

Img4200807192 OCNのIP電話転送サービスがOCN以外の方も利用可能になったようです。サービス名も「050あんしんナンバー」となり、実にうまいネーミングです。これはもしやヒットするかもしれません。

このサービスは簡単にいうと、050で始まるIP電話番号をもらえて、そこに着信した電話を固定電話や携帯電話などに転送したり、留守電の到着をメールで知らせたりするものです。このサービスの目的は、固定や携帯電話番号を見知らぬ相手に知らせないことです。もし、問題が生じれば050のIP電話番号を変えたりすればいいわけで、メールでいうところの捨てメールアドレスに近いものがあると思います。

まあ、このサービス内容、読めば読むほど、これは必要だと思わせることが書いてあって、ホント、何で今までなかったのだろうと不思議に感じました。個別機能的にも、番号非通知拒否に対応していますし、月525円は安いかもしれません。ただし、安いといっても転送に関わる費用はキッチリ取られますから、長電話には注意が必要です。

このサービスで面白いと思ったのは、上にちょっと書きましたが、留守電の着信をメールで知らせる機能です。これは、PCの世界でいうところのボイスメールに近いものですが、これは送信側がPCいらずですから、電子メールが使えない人・環境でもOKなわけです。これまでには無かった機能なんで、今後、どうなるか楽しみでもあります。

というわけで、「050あんしんナンバー」サービスが開始されるわけですが、7月21日からは、入山法子さんと山口尚美さんが出演するTVCMも始まるとのこと。

以上、プレスブログからの情報でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HP TouchSmart PC IQ500

Img120080719 「The computer is personal again」なんて言葉が書いてあって、あのビジネスマシン中心のHPからは、ちょっと想像できないマシンが登場した。iMACのような本体、ディスプレイ一体のマシン形状、キーボードやマウス、そしてコントローラらしきものは見られるので、おそらくBlueToothなどの無線技術により接続されているものと思われる。

そして品名の「HP TouchSmart IQ500」という文言からも推測できるとおり、iPHONEでおなじみのTouchテクノロジを採用しているようだ。まあ、こういうタッチパネルを装備したPCというのは珍しくはないのだが、ノート以外での採用はコンシューマ機では初の試みといってもよいだろう。

このマシンの仕様を見たが、このマシンが普通と違うところは、64bitOSの採用であろう。そうこのマシンはVistaHomePremium64bitを採用している。そして4GB標準のメモリ。ここらへんで、このマシンがそこいらにあるエンターテイメントマシンとは明らかに違うことがわかる。

音楽や画像の取扱は非常にマシンパワーを必要とするが、これまで、そういう作業は数ある作業の一部として考えられていたため、32bitOSでメモリ1GBで細々と行うのが一般的であった。おそらく、それが、これまでの常識。そんな世界に、音楽や画像を扱うことを目的に作られたエンタメ機がこのマシンではないかと思う。実に、素晴らしき割り切りようである。うーーむ。HPの開発陣は侮りがたし。個人的には大いに拍手を送りたいマシンである。

しかも、マシンにはスタンダートとプレミアムがあり、違いは後者がHD増量とグラボ+MS-OFFICEを装備していること。私はDAWを使うので、こうしたマシンが標準で購入できるとしたら、マジ楽ですねえ。問題はDAWが64bitOSに対応できるかどうかだけ。

ちなみに、このマシンの「「みんな de タッチ」キャンペーン」なる催しが下記のとおり行われるようです。私は、遠くて行けませんが、強烈なエンタメマシンを触ってみたい方にはお奨めですね。64bitマシンの使い方のヒントになるかもしれません。

●ビックカメラ
・店舗:
有楽町店、パソコン館池袋本店、新宿西口店
・日程:
7/19~7/27の9日間
・時間:
有楽町店本館 12:00~20:00
パソコン館池袋本店 11:00~19:00
新宿西口店 12:00~20:00

●ヨドバシカメラ

・店舗:
Akiba店、新宿西口店、梅田店
・日程:
7/19~7/27の9日間
・時間:
Akiba店 平日:12:00~20:00 祭日:09:30~22:00
新宿西口店 09:30~22:00
梅田店 11:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WILLCOM D4のバッテリー問題

近くの電気屋さんに立ち寄りますが、未だD4の展示はなく、モックアップのみ。とりあえず、現使用のアドエスからの機種変更でD4を手に入れようと計画しているので、いろいろネットで情報を集めていますが、どうやらバッテリーが持たないという大問題があるようです。

私の場合、使用環境は基本ACインなんですが、ノープラグ状態でも24時間充電なしで1時間程度は動いてほしいと考えています。しかしながら、今のD4では、このレベルも達成できてない状態のようです。まあ、そういうことなんで大容量バッテリの無料配布なんてことになったんでしょう。ですが、大容量バッテリでどこまで改善できるものやら・・・疑問。

やはり元を断たないとモバイルでの使用は無理と判断します。というわけで、今のD4を買うのは見送りになりそうです。とくに今日から、イーモバイルがEMONEを2年縛りで実質タダにしましたし、どうも他にも良い選択肢があるようです。

ですが、正直D4にはガックシです。マジ購入を考えていたんですけどねえ。バッテリーという、こんな、初歩的な問題でつまづくなんてですね、最初の設計段階でわかるはずなんですけどねえ。どうしたんでしょ?シャープさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/16

生きてることが辛いなら

森山直太朗森山直太朗の新作「生きてることが辛いなら」という曲の紹介です。まあ、声と歌い方が、ワンパターンなんで、楽曲を聞けばすぐ森山直太朗とわかります。この曲は今売出し中なんで、歌詞ここから、それから曲の一部はここから見たり、聴いたりすることができます。

この曲の歌詞は御徒町凧の作ということらしい。聴いてて、ちょっと気になったのが、「何もないところから、何もないとこへと、何もなかったように、巡る命だから」とか「宇宙は小さな水飲み場」とか、なんだか般若心経の「空即是色、色即是空」を訳しているみたいで、ちょっとパクリっぽく聞こえてしまい、引いてしまいました。まあ、臆面もなく、こんな歌詞を書く方も書くほうだけど、歌う方も歌う方だなと・・・・。

まあ、こういう応援ソングは、聴き手の置かれた状態や環境で受け取り方が違いますから、万人受けするのは結構難しいとおもうんです。私は体弱いんで、よく入院しますが、不治の病で何度も手術して、苦しみながら死んでいく人をたくさん見てます。そういう人は死にたいけど生かされている側面があって、単に生きてることが素晴らしいとはいえない一面もあります。

そういう人たちのことを思い出すと、こういうお気楽応援ソングを聴いてると、一瞬ですが腹がたつときがあります。まあ、こういう流行歌に立腹してもしょうがないのですが・・・・。

というわけで、直太朗のワンパターン・ファルセット・ビブラートは健在です。私は直太朗の歌い方は好きです。カラオケでもオハコの歌手の一人ですし。

ただ、この曲の歌詞は、ちょっとヘンテコで重たくて、歌う、聴く気になりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/15

Faith 夏のボーナスセール

私のPCに関するポリシーは、メインの作業マシンはデスクトップであること。とくにパワーを要する作業(音楽作成、オーディオデータの編集など)は専用マシンを使うこと。というわけで、現在、デスクトップのデュアルコアマシンは2台稼働中である。1台が通常作業用(Athlon64 X2 4600+)で、もう1一台が音楽用(Core2Duo E6600)である。

次に、モバイル用としては、作業なしの場合アドエスとHPのPDA(h2210)を持ち歩く。作業がある場合は、アドエスとPDAに加え、VAIO(typeT)あるいはLibrretoを持ち歩くことにしている。今後はノートPCの部分は、今はやりのミニノート(UMPC)に切り替えていく予定である。

というわけで、私の主力はやはりBTOパソコンのデスクトップマシンである。ノートPCは出先での調整や仕上げで使うサブ的存在である。というわけで、私は常にデスクトップのパワーを気にかけて使用している。

つい先日、Athlon64 X2 4600+を導入したばかりである。もちろんBTOパソコンをバージョンアップしたわけである。こういうとき、いつもお世話になるのがFaithのような完成マシンからパーツまで幅広く扱うパソコン専門ショップである。

というわけで、Faith恒例の夏のボーナスセールが始まるらしい。PCの周辺パーツとして、最近、携帯やモバイル機器で多用されているマイクロSDなんぞも、いつもより安価に買えるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/14

mixiミュージックに新サービス

Pc これまでPCやiPODで聴いた楽曲のリスト保持、集計機能がメインであったミクシィミュージックに、最近、新機能としてミクシィラジオがリリースされました。まあ、なんとかラジオといえば、ネットの世界じゃよく聞く言葉。ですが、さすがわ後発のミクシィ。これまでにない機能として、ミクシィミュージックの履歴データ(これまでに聴いた楽曲リスト)やお気に入りミュージシャンを選択して、関係のある曲を優先して流すマイラジオなどがあり、結構、BGMとして聞き流すレベルならば、ナップスターの超縮小版的使い方ができそうである。

その他、選択したアーティストあるいはそれに近い音楽が聴けるラジオとソングリストをシャッフルしてくれるラジオがある。このサービスは有料版もあり、月840円で広告なし、高音質(ビットレートが128Kbps、無料版は40Kbps)、40万曲(無料版は10万曲)、フルコーラス(無料版のシャッフルラジオは45秒)ということらしい。

まあ、私には有料版のメリットが見えません。たかだか40万曲のラジオで月840円ならば、ナップスターが良いに決まってます。携帯プレイヤーで持ち運ぶこともできないようですしねえ。ラジオなんで、どうせBGM。ビットレートなんて40Kbpsで充分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマハWebサイト「音遊人(みゅーじん)

音遊人」と書いてみゅーじんと読むらしいです。私の大好きな楽器メーカーであるYAMAHAの音楽に関するサイトということで、早速見てきました。結論から先に言いますと、音楽好き、とくに楽器好きな人にはとっては居心地の良いサイトです。

私はYAMAHAの楽器を多数所有してますが、メンテナンスや最適化なんぞは、ほとんどしません。というかやり方を知らないわけです。今さら楽器屋さんで教えてもらうのも面倒だし、最悪、お金を払って楽器屋さんにお願いしてしまえば済むと思いつつ、20数年放置してます。

この音遊人には、楽器のメンテナンスもドラムやギターやバイオリンやらと、毎号取り上げられているようです。たまたま見かけたギターの弦高調整は参考になりました。今までは勘というかフィーリングでやってましたが、ああいう定量的にやる方法があるのには目から鱗。

それから、お決まりのミュージシャンインタビューもあります。WEBページにして2ページという文字の多さです。たまたま見かけたのは、ジャズピアニストの小曽根真。とても印象に残った部分は「「感動」という言葉を大切にしたい」という段落。

百戦錬磨のプロミュージシャンでも、客席との空間を常に気にかけて演奏しているとは、これも目から鱗な話。最近ではもっぱら聴き手の自分ですが、こういう話を聞くと、ライブやってみたいという衝動に駆られます。

そのほか、CD/DVDの紹介に加えて、なんと楽譜まで紹介するコーナーがあります。たまーにオーケストレーションをCubaseあたりで打ち込みたくなる時がありますが、なかなか楽譜探しが難しいです。今後、この楽譜紹介を参考にしてきたいと思います。

まだまだコンテンツはありますが、ちょっと見で印象に残ったのは以上です。

ちなみに、この記事はレビューブログからの紹介です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/13

Dreams

先日のDREAMSIIに続き、今回はDREAMSです。そうです、遅ればせながら、最初に出たほうを今回購入しました。もちろん、ナップスターなんぞにはカケラすらアップされていません。

だいたい、このCDの快眠効果が認められて、先日購入したIIが出たわけなんで、少なくとも快眠効果は折紙つきのはずです。本日iPODに入れましたから、早速今晩からの睡眠導入に使いたいと思います。

ちなみに、購入は、永久不滅.comのセゾンミュージックからで価格は2600円。ちょうどキャンペーン中でポイント9倍ゲットする予定です。

ちなみに音楽関係で「DREAMS」と聞かれれば、私は躊躇なく、フリートウッドマックの「ルーモア」の「ドリームス」と答えます。スティービー・ニックスが流れるように歌う、男に三行半を突き付ける歌です。今聴いてもいいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超格安国際電話サービス「モビラ」

Main_logo 激安国際電話のご紹介です。番号先頭0074612で国際電話すると1分20円の通話料しかかからないというサービスがあります。しかも携帯からでもOKということらしい。これはマジお得です。

家族というのは離れれば離れるほど、所在確認がしたくなります。国内ならば、携帯電話があふれてますし、しかも最近では家族内通話はタダなんてサービスはあたりまえなんで、お金の心配はほぼゼロ。しかしながら、海外ともなれば、そういうわけにもいきません。まず、国際電話の課金の仕組みすらよくわからない上に、携帯でかけようもんなら、むちゃ高い経験が誰でもあるはず。

でも、あるんですねえ。探してみるもんです。激安の国際電話。しかも、こちらからは携帯でもOKで1分20円なんて激安価格。これって、国内もいけるらしいんで、プランにもよりますがヘタすると国内携帯料金も、通常より安くなる可能性も大いにあります。

なにやら凄いことになってますね。まさに価格破壊。

出向で海外に住んでる子供を持つ私の親戚に教えてあげたいサービスです。WEBサイトをちょこっと見ましたが、手続きは1時間ほどで済むようです。バカ高い国際電話に困っている人は必見ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Eee PC 901-Xは作りが悪い

2283_s 最近、流行りの小型で安価なノートPCですが、巷では、ミニノート、UMPCなどと呼ばれているようです。安価という言葉がつく以上、それなりの出来栄えで満足する必要もあるのでしょうが、人が使う以上、おろそかにしてはいけない部分があります。特に、人とのインターフェイスであるキーボード回りは安価だからといって、作りが悪くなったということでは済まされない。

昨日、家電量販店のミニノートコーナで、この分野の先駆的存在であるASUSのEeeシリーズの新製品、PC 901-Xの実機が置いてあった。PC 901-Xは前機種の泣き所であったCPUとSSDを改良したことで、使い勝手は非常によくなっていると感じた。

CPUはATOMの1.6GHz、SSDは4GB+8GBで構成されている。個人的には、ミニノートといえど、モバイルで最低限の仕事はできるようにしておかなければならないので、Office、CAD、VisualStudioなどは充分にインストールできるスペースが必要である。したがって、SSDはシステム領域+アプリのスペースとして単独ドライブとして最低でも16GBは欲しいところである。データ領域はSDカードやWEBディスクを使うので、無理に内蔵させる必要もないと思われる。

ただし、このマシンの問題は冒頭に述べたキーボード周りの作りの悪さにある。キーボードは浅いストロークで非常に使いにくい、まあ、これは百歩譲るとしても、最低なのはタッチパッドのボタン。展示されていた白と黒の2台のマシンとも、左右のボタンにストロークがほとんどない、カチッとしたリミットもないため、ついつい強く押下することになる。

こりゃダメです。こんなインターフェイスじゃあ使う気がしません。この点以外は、なかなか素晴らしいのですがねえ・・・・残念です。

やはり6万円くらいなら、このあたりが限界になるのでしょうか?!まあ、ミニノートについては買う気満々なんで、ひととり出そろってから機種を選択したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨシズミTVがリニューアル!!

毎度、おなじみのタウンページのヨシズミTVがリニューアルしました。いろんなお店別に、ショートコント的な動画が容易されていて、なかなか面白い。内容もよく練られている。その中でも私のお気入りは「讃岐うどん」の出汁抜き、いや腰ぬけの話(↓)

http://yoshizumi.tv/town/index.html?movID=31

まあ、このヨシズミTVとは、石原良純のいろんな表情の画像を準備して、それを切り貼り、ある時はアニメーション化して、シナリオやシチュエーション応じてに使うみたいなサイト。

実際、ヨシズミTVは、タウンページのTVコマーシャルの効果も相まって、見る前からだいたい内容の想像がつくから、マジ安心してみていられる。実際、タウンページの使い方を説明することで、タウンページが身近なものになったような気がするわけで、石原良純とタウンページ、なんだか妙にマッチしているような気してなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WILLCOM D4のモックアップ

偶然立ち寄った電気量販店でWILLCOM D4のモックアップを見かけました。手に持った印象は。

1.大きい
2.大雑把
3.キーボードの出し入れ感が大らかでメカニカル感がない

という、ちょっとマイナスイメージばかりが漂ってきました。特に、このマシンを積極的に持ち歩いて人前で出して使うことを想像したら、思わず笑っちゃいました。

まあ、モックアップなんで、実際の稼動マシンに触ったら180度評価が変わるかもしれません。ただ、これまでのZERO3シリーズは、モックアップ段階でも、それ相当の存在価値があったのでD4にはかなり失望したことも事実。

実機も見ない、触らないで通信販売で買わないでよかったとマジに思います。

早いとこ、実機に触ってみたいもんです。ATOMの1.3GHz、メモリ1GBでのVistaのレスポンスあたりが気になるところです。iPHONEと同じ日に発売されたため、一部で両機を比べる人も見受けますが、私的には両機は全くの別物。iPHONEと03なら比較できますが、母艦になりうるD4と、端末でしかないiPHONE、03を比べるのは検討違いもはなはだしい。

ところで、D4のモックを見た家電量販店は地元の本店クラス。7/12の段階で実機がない理由を聞いたところ、売れるかどうかわからない上に、高価なので在庫を持ちたくないという返答。やはり、D4なんぞは一般ピープルレベルじゃ想定外の代物なんだと再確認。

完売していたウィルコムストアでも、再びD4の販売が再開されてる様子ですし、iPHONEと違い、マシンの在庫はあるようだが、店頭には無いというか置かないのが実情のようです。

うーーむ、実機に触れるのはいつ頃でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エムゲームの風林火山

久々にゲームなんですが、RPGの紹介です。RPGといえば、ドラクエやFFなど、かなりやりこんできた私ですが、ここ最近のRPGをやってもなんだかしっくりきません。どうも、RPGの醍醐味というか目的であるキャラへの思い入れみたいなのが、感じられない。

なんで、そうなるかというと、どうもストーリーがしっかりしてない。そこに帰着しました。やはり、これまでハマったRPGは、ストーリーが秀逸なものが多い。逆に、つまらなくて途中で放り出したRPGは、とっぴな展開、あいまいな起承転結など、ストーリーがしっかりしてないことが多かったわけです。

それで、このエムゲームの風林火山ですが、平和だった世界に天変地異が起こり、その影響で魔物がはびこる世界になる。そこにヒーロが出現し魔物を倒し封印するが、後の世でその封印がとけ、魔物が再び出現する。この風林火山は、ここから4人のヒーロが出現し、再び魔物と対峙することから始まるゲームです。

ゲームの内容、ストーリ(特に背景)については、エムゲームの風林火山のサイトに画像つきで、わかりやすく解説してあるので興味あるかたはご覧ください。

まあ、オンラインゲームとしては定評のあるエムゲームが出してる代物なんで、はずれはないと思っています。もちろん無料登録で始められます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/12

EMONSTER Liteは7/19発売

Feature_img_04 会社の帰りに偶然立ち寄った家電量販店で、EMONSTER Liteを見つけました。もちろんモックアップです。手に取った第一印象は、EMONSTERと比べると軽いが、やはり小ぶりなサイズから想像する重さよりは、かなり重く感じられる。仕様を見ると、MONSTERが190g、Liteが120gであり、Liteが70gも軽いわけである。Liteは意外と頑張っているのかもしれない。

次にキーの使い勝手であるが、これは明らかに使いにくい。折りたたみ携帯でよくやる片手でのキー入力は、私のような手先が不器用な人には、Liteでは非常にやりにくい。マジ、鉛直落下ということになる。かといって両手を使うのは滑稽である。

うーーむ。Liteは、どうやら私には向かないスマートフォンのようである。これがホントかどうか、はやいとこ、実機に触れてみたいもんです。

それにしても、田舎の小都市じゃあ、電気量販店といえど、イーモバイルの品揃えはまだまだのよう。ベスト電器なんぞは地元の本店でさえ、大半の端末が入荷待ち状態。売れているとは、とても思えないので、やはり地方までは、パイが回ってこないということか?!

意外とiPHONEの方が早く出回ったりして・・・・ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイブロードバンドでサクサク!「ホームU」

Image ケータイブロードバンドでサクサク!「ホームU」  なんて書いてますが、これってNTTドコモが近頃発表した、ちょっと気になる新サービスです。

まあ、誰でも考えつくような仕組みですが、巷にある使えそうな電波をスキャンして、それで検知できた電波のうち、できるだけ安価なものを使って通信してしまう仕組みのようです。具体的には、今や家庭内にも普及している無線LANの電波があれば、それを使い通信料金を安くするというものです。

まあ、独断と偏見と事実から、ホームUのメリットをまとめますと、4つ!

1.無線LANなので通信が速い!
2.通話料金が安い!それもかなり安い!
3.ホームU間ならば通話料はタダ!
4.有限なリソースである携帯用の電波食いつぶしが減少する。

個人的に上記のメリットのうち最も素晴らしいと思うのが4.項。今後増え続けていくであろうトラフィックを減少させるヒントになるかもしれない。マジ、auやソフトバンクを追従してほしいもんである。というか総務省が主体となってやるベきことではないかと思う。

私の携帯はドコモです。次回機種変更時に、このホームU対応機種を購入して、我が家の無線LANと接続して、いろいろやってみようと思います。

ちなみに、このホームU関連のブログパーツとやらを話のタネに右サイドバーに貼り付けてみました。興味がある方は、ぜひクリックして何が出てくるのかお試しください。(※1)

※1:音が出てうるさいというお叱りを多々受けました。というわけでブログパーツを外しました。管理人が確認もせずに、皆さんのご迷惑になるようなブログパーツを設置して深く反省しております。今後は充分注意します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/08

WILLCOM D4で大容量バッテリプレゼント

昨日から予約開始したモバイラー注目のハード「WILLCOM D4」であるが、7月末までに新規または機種変更の契約をすると大容量バッテリを8月中旬あたりでもらえるらしい。

このWILLCOM D4、発表当初からバッテリの持ちが取り立たされていて、当初は「調査中」なんて苦しい言葉を使いながら、バッテリの持ちに関しては明言を避けてきた。

多くのモバイラーの間では、いくらATOMといえど、OSはVISTA、それなりの処理をさせるならばバッテリは長く持って4時間程度なんて声がちらほらしていた。

そして先週、予約の事前登録で、ついにバッテリの持ちが発表されたわけで、その時間は標準バッテリーでなんと1.5時間という短さ。1.5時間ということは、通例からするとおそらく実用はその半分以下と考えるのが常識。そうなると1時間もたないという話になる。

持ちが1時間となると、モバイル用のバッテリというより、停電などの予備バッテリ、いわゆるUPSと考えたほうがわかりやすい。これはモバイラの反感というか失望を買うのだろうと思っていた矢先。

ウィルコムが7月末までの契約については、大容量バッテリを進呈なんてことをアナウンスしたわけである。このウィルコムの真意は測りかねますが、やはり1.5時間しか持たないバッテリについて、ユーザの怒りを鎮めるための施策ではないかと思われます。

それにしても1.5時間という数字。設計者のセンスが疑われます。今後、もしD4が売れないとなれば、その原因はバッテリにあるといっても過言ではないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国産小麦シリーズ・たいやきさん

Img3 ブログパーツといえば、今や、ブログのサイドバーを賑わす、おなじみのツールである。時計などの実用価値の高いオーソドックスなものから、何やら場を賑わすだけのジョークめいたものまで、いろいろなパーツが存在する。

今回使ってみたパーツは、おなじみのFLO:Q「国産小麦シリーズのたいやきさん」である。WEBサイトを見る限り、この国産小麦シリーズには他に「たこやきさん」があるようだ。

ところで、このブログパーツは具体的に何をするの?どんな役にたつの?と聞かれても、私自身すべてを把握していない。でも、なにやらマウスでクリックしていると、「捕まえる」そして「食べる」ことが可能である。

もちろん食べると言っても、マウスでクリックすると、残酷かな、「たいやきさん」の体が切断されていき、最後にリンゴの芯みたいのが残るという、ちょっと笑ってしまう内容になってます。

よくよくWEBサイトを見ると、このブログパーツは脱力系に属するらしいことが書いてある。そういえば、このたいやきさんは、食べられる時以外は、腹筋を鍛えており、かつ、おしゃべりも半端じゃないのである。

うーーむ、そういうキャラが、食べられてしまうのが脱力系なのかどうか、ちょっと理解できませんが・・・・・。とりあえず、このFLO:Qのブログパーツをサイドバーに貼り付けて、もちょっと使い倒してみたいと思います。

そのうち、「たこやきさん」でも貼り付けてみますか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつでもどこでも自宅PCに接続!

Img5 「PCオンデマンド」という言葉を知ってますか?聞いたことありますか?まあ、聞きなれない言葉だとは思います。「PCオンデマンド」とは、自宅のPCを稼働状態にしておき、ネットワークを通じて、その資源を活用するという意味らしいです。まあ、こういうネットワークコンピューティングというのは昔からあるわけで、企業とかではVPNとか使って外部から接続して使用するわけです。

ただし、企業などがやってるネットワークは、コストが半端じゃなくかかっているわけで、一般の家庭への導入は無理でした。が、しかし、NECがLui(「ルイ」って発音するんでしょうか?)という商品でコンシューマレベルへの展開を可能なものにしたようです。

私は自宅で常時5~15台のPCをグリッドコンピューティングなどの仕事や実験に参加させています。外部からのアクセスはブロードバンドルータを介したVPNで実行していますが、ここまで環境を作るのに費やしたリソースは莫大なものです。NECのLuiのような仕組みが存在するのであれば、もう購入した方が絶対効率がいいです。

こういう、外から自宅の環境が扱えるとなると、そりゃ便利になります。最もその御利益を感じるのは、データの同期が不要ということです。通常、外出時にモバイル機器に入力された情報は、モバイル機器内に保存されているため、メインのマシンとデータの同期が必要になります。

こういう時、NECのLuiのような外部接続を使って、リモートデスクトップのようなサービスでメインマシンのリソースにアクセスできれば、データが分散されないので同期が不要になります。これは、簡単で分かりやすくて作業が楽になります。

さらに、通信レスポンスが高品質であれば、iPODのような携帯プレーヤも持ち歩く必要性が薄れてきます。とにかく、不自由なモバイル機器が自宅のメインマシン並みの機能を持つわけでですから、これは便利としかいいようがない。

というわけで、NECのLui、期待したいですねえ。後は価格でしょうか?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/07

Just Testing by Wishbone Ash

ウィシュボーンアッシュのアルバムのほとんどは、ナップスターにアップされていますが、この「Just Testing」が無いんです。そういうわけで、アマゾンで購入しました。なんで今、ウィシュボーンアッシュか?しかもJust Testingかというと。

このアルバムに含まれる1曲のために、このアルバムを買いました。その1曲とはマーティンが書いた「New Rising Star」です。

この曲を初めて聴いたのは、もう25年以上も前の話。しかも歌ってるのはアン・ルイス。当時大ヒットした竹内まりあの書き下ろし「リンダ」を含むアルバム「リンダ」に含まれています。もちろん、アン・ルイスがカバーしてるわけです。

25年くらい、「いつかはオリジナルのNew Rising Star」を聞くぞと思っていたわけで、やっとそれが実現したわけです。いやあ~、こうして聴くと感慨深いものがあります。

ウィシュボーンアッシュの代表曲でもないNew Rising Starを、当時売れていたアン・ルイスがカバーとして選ぶなんてことは考えにくく、おそらく、当時のバックバンド・・・たしかブラインドフェイスだったっけ?あのバンドがツインリードギターだったから、その意向で採用したと思われます。

確かに、今聴いても、アンのNew Rising StarのツインリードはオリジナルのWishboneのそれより、泣きのフレーズかつ起承転結も素晴らしく、計算しつくされたところがあります。何回聴いてもですね、素晴らしいんですね。これが。ツインリードのお手本みたいな音とフレーズです。

ああ、リンダのCDが欲しくなってきました。アマゾンで検索して、見つかれば購入することにします。なんせ、今持ってるリンダはLP盤ですからねえ。ずいぶん聴きこんでますから、針を落とすと、しゅわしゅわ音立てながら、音楽奏でてますから・・・。やっぱCDのいい音で聴きたいもんです。

やっぱギターはいいもんです。とくにツインギターは泣けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/04

WILLCOM 03って どうよ!?

Img6 いつも言ってますが、私はモバイラー、これまでにPocketPCを十数台使い続けてきました。現在のメイン機種は、昨年10月に手に入れたアドエスです。まあ、いわゆるスマートフォンというやつです。

今年は4月から6月にかけて入院しましたので、病院でアドエスを、かなり使い込みましてWindowsMobileの使い方、使い道について、かなり深く深く理解したつもりです。そういう最中、ネットを見ていたら、アドエスの後継機種であるWILLCOM 03なるマシンが発表されました。

アドエスとの違いは、まず外観です。固定キーが存在しないことで、デザインとしては洗練されたものになってます。やはりフラットというのは造形美として映ります。無条件にカッコよく見えます。

次に、03は、BlueToothとワセグを装備しています。もちろん、通信手段としては、Wi-Fiも標準装備していますので、もう通信に関してはテンコ盛りといえます。そしてワンセグですが、入院中にこれがあったらなあと切望される機能です。テレビの視聴料金不要ですし、消灯後も布団に潜り込めばテレビを視聴できます。

もう入院はしたくありませんが、次の入院時には03があると、アドエス以上に快適に生活できること間違いなし。・・・ネット閲覧、メーラー、音楽、Podcast、ネットラジオ、そしてワンセグ視聴などなど、数あるスマートフォンの中でも、03は究極の退屈しのぎツールといっても過言ではないでしょう。

あ、そうそう03はPCのモデムにもなります。そこがiPHONEなんぞと大きく違うところ。しかも料金は、新つかい放題コースなら4000円以下ですし、次世代PHSで通信速度も近い将来飛躍的に速くなる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/02

そういえばiPHONEも来ます

Image0702 一部でかなり盛り上がっているiPHONEも来週日本上陸発売となります。私は古くからのマカーであり、iPODも2~4世代を使ってきましたので、やはりiPHONEは欲しいマシンです。しかしながら、接続プランを見てガックリきました。あのプランでは、いくらiPHONEがすぐれていても他社と比べて優位性を見いだせない。というのが正直なところ。では、どうなれば購入するまでの意欲がわき出てくるか?!

現在、3G通信において、ユーザから見たベストコストパフォーマンスはイーモバイルと個人的には考えている。6000円/月で3G通信を端末接続でも、端末をモデムとしたPC接続でも使えるのである。これはドコモやauを置き去りにするほどの凄いパフォーマンスである。ソフトバンクは最低でもこのイーモバイルに並ぶ接続プランを提示すべきと考える。

あんな接続プランならば、「ソフトバンクはiPHONEを売る気がない」なんて言われてもしょうがないのではないかとマジ思う。たしかにiPHONEは小さなMACであり、safariのブラウズはOperaやNetFrontなんぞと比べ非常に使いやすいという声が聞こえるのも事実である。しかし、safariで見れない、IEでしか正常に動かないサイトは腐るほどある。

というわけで、真のモバイラーであり続けるためには、やはりIE6とかIE7が不可欠であるといえる。そうなるとWindowsを持ち歩かなければならないことに。そういうシチュエーションでは、端末がモデムなんぞになってくれるとつじつまがきっちり合うわけで、非常にリーズナブルな話になる。

よって、私にはiPHONEは無用の長物となる可能性高し。欲しいのは欲しいけどね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Willcom D4 ついに来ます

ウィルコムが世に問うといえば、大げさかもしれませんが、モバイラーの間では大注目されているWillcom D4が来週から予約、そして発売になります。D4は、ウィルコム使いの私としても非常に気になる存在で、今使ってるアドエスとの併用なんぞを、かなり真剣に考えているところであります。

このマシンD4は、定義としては、MID(Mobile Internet Device)っぽくもあるが、まぎれもないUMPC(Ultra Mobile PC)であると思います。ですがMIDというには、アドエスを所有する私にとっては、ちょっと大きすぎというか、やはりポケットに入るアドエスが便利であることは確か。

ですが、アドエスでは出来ないこともたくさんあるわけで、それはIE6やIE7でしかアクセスできないサイト接続や、オフィス文書の編集などなど。これまではB5サイズノートPCを持ち歩き、Wi-Fiあるいはアドエスをモデムにして接続していたわけです。

D4なら、このあたりの作業は問題なくこなせるわけです。なんせWindowsVistaですから、しかもOffice2007装備で、しかもパワーポイントもついてて、10万円以下の価格ですから。ホント、マジ考えてしまいますよ。アドエスとD4の2台持ち。

Willcom 03の出来も良かったんで、D4ホント期待してます。たぶんアドエスからの機種変更で買うような予感充満してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CPUを速くしました

P1010001 私の数あるマシンの中で、昨年の2月WindowsVista評価用として初めて自作したマシンのCPUを速くしました。具体的にはSempron2800+からAthlon64X2の4600+への変更です。結論としては、体感速度は5-6倍になった気分です。やはりデュアルコアというのは速いもんだと再認識させられました。ちなみに、買値は近くのパソコン工房で7400円くらいでした。

なんでAthlon64Xの4600+かというと、衝動的にパソコン工房に行き、そこに置いてあるAM2ソケットで一番安いやつを購入したという、ほとんど意味なしでわけがわからん理由です。

まあ、自作も、そんな感じで始めたんで、お金はかけずにいきあたりばったり的にマシンを変えていくという方針です。このマシン次はマザー交換してトリプルコアに行くんでしょうね。たぶん。これでデュアルコアが2台になりました。もう1台はインテルですけど。

ですが、前から思ってるんですけど、WinXPで速いマシンがほしいんですよね。どうしてもXPでなきゃっていうアプリがいくつかあるんで。XPは6台ほどあるんですけど、最速がPEN4の2.53GHzというわけで、もう5年以上前のマシン。1.5GHzあたりも数台あるし、ここらへんが壊れて収納場所が空けば、ミドルタワー買って自作しようと思ってます。

というわけで、CPU変更は大成功。処理はサクサクで仕事もはかどってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »