« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007/12/24

SONAR7 届きました!

      P1010001   アップグレード予約してたSONARの最新版、SONAR7が届きました。バージョンは最上位のプロデューサ・エディションです。まあ、一人多重録音を始めて、やがて25年くらいになるのですが、DAWなる分野のソフトがここまで発展するなんて夢にも思わなかったわけで、正直、プロデューサ・エディションなんて高級で多機能なものは使いこなせません。

個人的には8トラあたりのMDデータをつかったマルチトラックで十分なんですけど、まあ、ケークウォークを使い始めたのが縁で、ついにSONAR7で、しかも最上位のプロデューサ・エディションを所有することになっています。もちろん初代SONARから、ずっと最上位バージョンを所有し続けています。

P1010003

送られてきたSONAR7の梱包を解くと、なにやら記念品である腕時計が出てきました。これって俗にいうおまけのことでしょうか?時計の外装は高級というか、それなりに雰囲気出してますが、なんとも時計自体は、お世辞にもならないほどの、センス悪くて安物ですといわんばかりの出来。まあ、こんなお粗末なものを、よくお客に送れるなあとちょっと関心。

腕時計の文字盤にはたしかにSONAR7の文字。だけど見るからにSONARのイメージが壊れていくような気がしてならず。手にとってみたが重圧さ重厚さもなし、腕に巻いてみたが、なにっ!と思うくらい装着しずらいし、装着感も、これまでつけてきた中では最低。

P1010005 これは、普段はつけられんということで、高級な箱に戻して保存することに決定。もしかしたら将来プレミアな一品になるやもしれず。私にゃ相続できる人がいないので、まあ、時期を見計らって売りにでもだすか、廃棄するかにしたいと思います。

それにしても、デザイン、装着感など、ホント、最低な腕時計です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/12/15

うたホーダイ

P1010002 先日購入したN905iを使って、うたホーダイを使ってみました。うたホーダイのサイトは先日アドエスで運用に成功したナップスターです。ナップスターをうたホーダイ対応にするとか、その時の注意点は本サイトの「アドエスでNapster」という記事を見てください。というわけで結論からしますと「何事もなく接続でき、認識も出来て、ファイル転送も簡単」でした。

まずFOMAとPCの接続に必要なものは、USB接続ケーブルとFOAMのドライバー。USB接続ケーブルは充電もできる純正がほしくてドコモショップ数店めぐりましたが、すべて売り切れ。「そんなに売れるのか?」と思いお店の人に聞いたら、電気屋などで売ってるサードパーティ製品が安くて、純正は売れないのだとか。

P1010004 そういう経緯で非純正品しか手に入らず。そしてもうひとつのドライバーは携帯添付のCD-ROMに収められている。携帯の取扱説明書に従いドライバーをインストールして、FOMAとPCを接続。そしてNapsterを起動すると、即FOMAを認識して転送のためのウインドウがナップスターアプリの右下に表示される。

転送してみたが、FOMAの場合、本体メモリーにはいかず拡張のマイクロSDメモリに記録されるようだ。うーーむ簡単、わかりやすい。これは何も考えずにいけそうである。N905i内蔵のスピーカは小さいながら、想像以上のクオリティである。もちろんイヤホンを付ければWMA192Kbpsのサウンドが聴けるわけである。

このうたホーダイ。仕組みといい音といいなかなかのもんである。こりゃ、もうiTUNESやiPODには戻れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/12/14

Vistaマシンのメモリ増設

P1010001 最近のメモリ安を受けて、2台あるVistaマシンの1台にメモリ増設を行いました。そのマシンRAPTERは、AM2ソケットのマシンで約10ヵ月間メモリ1GBでつかってきました。というわけで、近くのパソコン工房でPC5300の512MBを2枚買ってきました。さっそく取り付けましたが、電源いれると「ピーッピッピッ」とつれない音。

手持ちのメモリとマザーで組み合わせテストしたところ購入したメモリの1枚が不良であると判明。これをパソコン工房に持ち込みテストしてもらったところ、やはり故障しているということで新しく別のメーカ製メモリを2枚と交換。

P1010008 バルクなんで、メーカーなんてどうでもいいんですけど、組で使うものなんで同一メーカーに統一してもらったわけです。この交換してもらったメモリーはその場でテストしてもらい問題なしであることを確認して受け取りました。ですが、メモリの初期不良品をつかまされるなんて初めての経験です。あるんですねえ、こういうの。

というわけで帰宅してRAPTERに装着して電源ONしたところ「ピッ」という爽やかな音。うーむ、どうやらうまくいったようだ。サクサクとVistaが起動しログオンまで到達した。

Mem24 これまでは重くておけなかったサイドバーを設定しガジェットを置いてみた。メモリの表示は55%程度を上限にした動き、ガジェット設置後もマシンの動作に大きな支障はなし。メモリ増設は効果あり。ついでにエクスペリエンスインデックスを測定したら、これまで2.3だったゲーム3Dが2.4に向上したようです。次はCPUのアップグレードです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/13

アドエスで無線LAN

P1010004 アドエスが来てから1か月が過ぎましたが、使ってない機能として無線LANがありましたので、ちょっと使ってみました。公衆アクセスポイントが準備されている地域に住んでないし、そういうところで行動することもないので外出時に無線LANを使うことはありませんが、アドエスの無線LAN機能が壊れてないかどうかの確認レベルということでテスト。

P1010005_2 結論からすると、もう簡単につながりすぎ。ちょっとは苦労して考えさせるようなことしてくれないと面白くないっす。接続で無線LANをONにすると、すぐにアクセスポイントを見せてくれる。ここでアクセスポイントを選ぶと設定画面が現れ暗号化などの情報を打ち込むわけで。なにやらMACのような使いやすさ。うちの無線LANはWPA-PSKのAESなんでと思いつつ設定を打ち込み設定完了。

P1010007_2 そして最後の仕上げにアクセスポイントにログオンして、アドエスがアクセスできるように、アドエスのMACアドレスをアクセスポイントに登録。間もなくアドエスの無線LAN接続マークがON状態に輝く!。肝心の体感速度は、PHS64Kbpsの2-3倍程度。やはりここらへんは所詮PDA、あまり多くを望まぬほうがよさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウイルスバスター2008迷惑メールフィルター

6 ウイルスバスター2008を7台のマシンで使い始めて1.5か月が経過しました。致命的な問題はなく、起動時に通信ドライバーがこけてしまうという我が家特有の問題も2007から2008へ変更して解決されてようで快適に使えてます。

また2008へ変更してよかった機能に「迷惑メールフィルター」の進化があります。私のメルアドは、これまでに個人情報流出の憂き目に数度あってまして頻繁にスパムが届きます。左図の統計によれば、ウイルスバスター2008を使い始めて約1.5か月で77,000件のメールを受信し、その94%が迷惑メールとしてフィルタリングされています。

2007の時が90%程度でしたから4%も多く見つけてくれているわけです。これはメールを閲覧するうえでは非常に大きな生産性向上につながります。確かに、巷でいわれているように、このフィルタリングはお粗末ロジックのためか、とんでもなく重たく遅い、こんなのよく商品として売ってるなあと思われる出来。

しかし、私にとっては受信・フィルタリングの待ち時間よりも、人作業の仕分け時間が短いほうがありがたい。ホント、マジ優れものですよ、この迷惑メールフィルター。

先週からNIS2008も使い始めましたが、この1週間の結果を眺めると、迷惑メールフィルターはウイルスバスターがかなり優れている感じです。データがそろってきたら比較してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FOMA N905i

P1010005 FOMA N905iを手に入れました。購入価格はタダ。まともに買うと60,000円弱らしいです。なんでタダかというと例のドコモ@FreeDの解約記念特典を適用したため。あの特典は既存の機種変更にも通用したわけで、ドコモPHSユーザにとっちゃ、かなりお得なプレゼントになったと思われます。

ホントなら今頃はドコモの新しい64K常時接続サービスのはずが、あまりにも、その使い勝手が悪いことで導入をあきらめ、その変わりにウィルコム(アドエス)を契約したために、その行き場のないタダ特典がFOMAの機種変更にきたというわけです。

P1010006 おそらく全国的に私のように、タダ特典を機種変更に使った人は結構多いのでは?と思います。とくに@FreeDユーザは多いはず。ネット接続はイーモバイル使える地域ならイーモバイル、それ以外ならウィルコムを選択して、タダ特典はFOMAへということでしょ。おそらく。

ちなみに選んだのはN。これまでの携帯というと、初代がPのパルディオ、2代がSHノパルディオ、3代がN203i、4代がD208i、5代がP501i、6代N504iS、7代がF505i、8代がF900iT、9代がF902i、10代がアドエス、そして11代が今回のN905i。これらに加え、AirH"カードが2個、@FreeDカードが1個ありました。

P1010007 てなわけで、現役はアドエスとN905iです。N905iは初めてのワンセグ対応携帯。使ってみましたが、バッテリの減りが異常に早い。まあ、あれだけの情報を表示するわけなんでいたしかたないでしょう。ですが、902iから905iへの持ちかえなんでテクノロジの進歩を、使えば使うほど、ヒシヒシと感じてしまいます。はてさて、携帯の機能ってここまで必要なんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »