« Windowsセキュリティの緊急警告(3) | トップページ | Windowsセキュリティの緊急警告(4) »

2007/03/31

FA-101/FA-66がWindowsVista対応

RolandのFireWireオーディオインターフェースFA-101とFA-66に、WindowsVista対応ドライバーが提供されました。

http://www.roland.co.jp/support/Information/Vista/index.html

31p1010004 さっそく、手持ちのFA-66とWindowsVistaBusinessでセットアップ開始。ダウンロードして解凍、setup.exe起動してインストール。インストーラは2つのファイルをコピーするようで、2回の同意を求められる。

インストールの最後にFA-66をPCと接続、電源を入れたら即認識してセットアップ完了。速い、なんと2分も待たずにセットアップ完了。

というわけで、テスト実施。FA-66のOUTPUT1と2を、MA-10AのINPUTへ接続。

次にWindowsVistaのコントロールパネルからサウンドを呼び出してテスト。Windows終了の音源を指定して「再生!」としたが、うんともすんとも鳴らない。

接続に問題はない、FA-66にヘッドフォンつないでも鳴らない。こりゃWindowsの設定に問題ありということで、サウンドの設定を見直す。よくよく見るとFA-66の出力デバイスがPort3になっている。

というわけで、出力デバイスをPort1へ変更。これで再度テスト。とりあえず、WindowsVista開始の音を選択。「おお、あのロバートフリップ作の4つの音階、確かにきこえる。MSIマザー搭載のHDオーディオに比べ心持ちよい音だ。」と成功した。


EDIROL FA-66

|

« Windowsセキュリティの緊急警告(3) | トップページ | Windowsセキュリティの緊急警告(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FA-101/FA-66がWindowsVista対応:

« Windowsセキュリティの緊急警告(3) | トップページ | Windowsセキュリティの緊急警告(4) »