« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/25

FOMAデータ通信定額

先に書きましたが真相は下記のようです。

http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/20070131.html

64Kbpsで、料金は@Freed程度ということらしい。

ウーームそうなると、後はPHSの64KbpsとFOMAの64Kbpsは、どう違うの?ということになる。なにやらPHSが速いとかいう結論にならんようにしてもらいたい。

ということになると、先ごろ発表したイーモバイルの3.6Mbpsが俄然気なり始めます。あれって全国展開の予定はあるのでしょうか?

九州から関東までが行動範囲なんで、そこらへんで不自由なく使えるの日は来るのか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/17

PCR-M30突然故障

Pcrm30 MIDI打ち込み用として使用中の鍵盤RolandのPCR-M30が突然故障しました。BとCと1オクターブ上のCの信号が出力されず、かつ全体的にベロシティがヘロヘロで弾いたとおりの音がまったく出力されない。

20年以上、多くのRoland製品を使ってますが、購入して1年ちょっとで故障するなんて初めてです。部品のコストダウンで品質が落ちているのか、Rolandの品質自体が低下してるのか、Rolnadには絶大なる信頼を置いてましたのでちょっとショックです。

とりあえず、メカ的には使えるので環境も考えて、修理に出すことにしました。いつもRoland製品を買う近くの島村楽器さんへ持っていったところ、見積もりまでで1週間かかりますとのことであった。

帰ってくるまで不自由であるが、倉庫のシンセサイザを引っ張り出すのも大変だし、とりあえずPCキーボードで打ち込むことにしよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/02/11

@Freedの終了と新サービス?!

本日、NTTドコモと思われるところから電話あり。

まずは、@Freedが本年10月から11月でサービス終了するということの確認があった。これまでのNTTドコモからのプレスでは、2007年第3四半期ということだったから、まあ、予定通りということらしい。

そして、電話では続いて

@Freedに変わる定額サービスとして、FOMAでの定額、それも@Freedと同等の価格で提供を検討しているとのこと。@Freed後の乗り換え先としてお願いしたいということであった。

やはりドコモとしては、数十万といわれる@Freedユーザが、他社に流れるのをほっとくわけにもいかないわけで。FOMAでのサービスに活路を見出したいのであろう。

帯域は絞られるかもしれないが、最大384Kbpsの3Gでモバイルネットができるのは魅力的である。ウィルコムが5000円程度で384Kbpsのサービスを地方の小都市にも提供してくれるなら話は別であるが・・・・・。

今年の秋口にはウィルコムへの乗換えを予定してましたが、これで、NTTドコモからの発表を待ち、そこで判断することになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/10

Project5v2を試す

処理が重いことで知られるEDIROLのオールインワンのDAWであるProject5v2を最近手に入れたマシンで動作させてみました。マシンはE6600+2GBとSEMPRON2800+1GBである。

E6600では、すべてのProject5用サンプルファイルで問題なく動作することを確認した。もっとも重たい状態で負荷率75%程度。

SEMPRON2800では、重たいサンプルファイルで負荷率100%以上を観測した。鬼のようなオーディオデータを扱わない状態であれば十分使えることを確認できた。

やはりソフトシンセDimensionを使うと負荷が一気に5-6倍に跳ね上がる。メインストリームの上位版であるE6600でも75%の負荷であったことを考えると、次のv3ではQuadコアが必要になるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/06

WindowsVistaのSMB認証

ここ1週間ほどWindowsVistaHomePremiumを使い倒しているが、使い始めよりSMBの認証がうまくいかず、Linux系サーバに接続できずVistaをメインPCとすることができなかった。

しかしながら、昨日、その原因が判明した。その要因を取り除いたら、すんなりSMB認証ができた次第である。

その原因とは、Vistaから取り入れられた設定にあった。サーバ接続認証が、XPまでNTLMをOKとしていたものを、VistaでNTLMv2のみ認証可能としたために生じた問題であった。

おまけに、このNTLM認証を可能にするGUIがHomePremium以下のバージョンには無く、設定変更するためには、レジストリをいじる必要がある。

初心者が誤って、認証レベルを変更し、セキュリティ低下を防ぐためと思われるが、巷で、これだけのLinuxベースのNASが使われていることを考えると、デフォルトでNTLMを使えなくしたことと、HomePremiumで手軽に変更不可としたことには、何か作為的なものを感じざるを得ない。

時々、MSのやりかたに疑問を感じます。きちんと説明をしてほしいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »