« ヤマハミュージックレッスンのすすめ | トップページ | Allan Holdsworth「Velvet Darkness」 »

2006/09/06

DA2496とJV2080

Dajv 最近はメインで使用する機会は減りましたが、外付け音源としては、未だに私のお気に入りJV-2080と、オーディオインターフェースDA-2496です。ちなみに写真下のモニターはiMACG5です。

JV-2080にはエクスパンションが1枚入ってます。このカード(BASS&DRUMS)は必需品です。ほとんど、このカードを使うためにJV-2080を持っているようなものです。

BASSとDRUMSを打ち込みでまかなう私にとって、なによりも大事なパートと音は、やはりベースとドラム。これを超えるソフトシンセがあれば買いますので、どなたかお教えください。

DA-2496は、PCIバスでPCで接続されるマルチインプット/アウトプットで、マイクを5-6本使うときは便利です。なんせ、邪魔なミキサ入らずなんで、場所が確保できます。ですが、このマシンも、この世代で終焉かなと思っています。WindowsVISTAが出たら即新たなPCを買いますが、そのときはUA-1000を買おうと思っています。

DA-2496はサブの機器として、PEN-IIIの1.5GHzマシンで、SONAR-LEで使おうと思っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ヤマハミュージックレッスンのすすめ | トップページ | Allan Holdsworth「Velvet Darkness」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DA2496とJV2080:

« ヤマハミュージックレッスンのすすめ | トップページ | Allan Holdsworth「Velvet Darkness」 »