« ベースを調達しようとしています | トップページ | 今日のCD~「JOY RIDE」 »

2006/08/07

WindowsのDAW

昔はMIDIシーケンスソフトなんて呼んでた時期もあったと思います。最近はDAWなんて呼ぶのも普通になってきました。慣れとはおそろしいものです。

私はWinもMACも音楽制作に使用しています。MACは昨年からですが、WinはDOSの頃を入れると、26年くらいやっていることになります。ちなみに、無人演奏という意味では、MIDIが出てくる前のRolandのDCBインターフェースとかが最初なんで、28年くらい前に最初のシーケンス音楽に触れたことになります。

MIDIの初期は、8bitのCPUで、MIDIシーケンスを数値打ち込みなんてやってました。インターフェースも売ってないのでIC買ってきてハンダで組み立て、ソフトも売ってないんで、マシン語で作りました。その後、Rolandやらカモンミュージックなんかからインターフェースやソフトが発売されました。MPUなんとかとか、RCPなんとかいう名前のやつ。

その後、Windows95の登場とともにシーケンスソフトもWin化され、いろんなベンダーのものが手に入るようになりました。このころから、オーディオファイルを扱えるようになり、すなわちDAWなんて言葉が使われ始めたのでは、と記憶しています。

私は、CakewalkシリーズとSSWシリーズを使っていましたが、その後Cakewalk一本になり、現在ではSONARとProject5が主力です。インターフェースはDA-2496、FA-66を使ってます。最近のシステムはオールインワンで、なんでもできちゃいますので、多機能すぎて憶えるのが大変です。昔は、シーケンスはPCで、録音はMTRでなんて個別でしたから、扱いも簡単、そう、目で見てわかる仕組みでした。

昨年からMACを導入してLOGICを使っていますが、これまた凄いソフトで憶えるのに難儀してます。まあ、使いながら憶えるのが一番かなということで、これからの音楽シーズン、がんばって打ち込み音楽をやっていきたいと考えています。

SONAR 5 Producer Edition 日本語版【送料無料】【受発注(お取り寄せ)】EDIROL Project5Version2 CW-P52

|

« ベースを調達しようとしています | トップページ | 今日のCD~「JOY RIDE」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WindowsのDAW:

« ベースを調達しようとしています | トップページ | 今日のCD~「JOY RIDE」 »